まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

アメニモマケズ② 2018.6.10

日々のこと

2018年6月11日 / 2018年6月12日更新

優雅・綺麗・品。女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です


“日本って安全だなぁ” と確信した出来事。

ニュースでも取り上げられた6月10日の国会前デモ



この日は雨
しかし、アメニモマケズ、私達も行きました。

(撮影:もも花)


冒頭の“日本って安全だなぁ”とつくづく思ったのは、警察官の対応。
スバラシイです。ホント。

『足元に気をつけて左側をお歩き下さい』
『雨で大変滑りやすくなっています、気をつけて歩いて下さい』
等、デモに集まった人に拡声器でアナウンスしてくれていました。

また、
『気分が悪くなった方はオレンジ色の救急員に声をかけて下さい』
と、体調を気遣うアナウンスも。


繰り返し何度も丁寧にアナウンス。
これ、外国のデモでは絶対あり得ないと思います(笑)

(撮影:もも花)


国会前のデモに行ったのはこれで2度目。
初めて行った時のコラムはこちら。

◆ももふら流『平和の享受』

あれから3年も経つのですね。
そう言えば、この日も雨だったな。


かつては精神保健福祉士の職に就く為に勉強をしていた私ですので、
平和や差別、危機管理などには意識が自然と向きます。


ごくごく普通の、
いつも生活している日常レベルの、
当たり前と思っている事、、、

問題提起、沢山有りますネ。


おかしいものに、おかしいという勇気。
集会デモ等で声を上げ届ける。


(写真提供、撮影:黒木滿生)


フラの閉塞感や在り方に疑問を持つフラ愛好家は沢山いる。
しかし、私のように実際声を上げて活動している人はごく僅か。
フラの現実がいつまで経っても変わらないのは、無理のない事なのかもしれない。

あなたの意識の向かうところは何処かな?





今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。

♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●マネアフラ個人レッスン専門教室『アトリエ・もも』のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share