まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

先生に贔屓される人、嫌われる人

踊りについて/踊りと関わる

2018年6月6日 / 2018年6月7日更新

優雅・綺麗・品。女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

贔屓されるポイント


私のコラムに辿り着く検索キーワードで、意外と多く引っかかってくるのが、
『贔屓 ダンス』
『先生に贔屓される人 ダンス』
『ダンス 先生が可愛いと思う生徒』
等があります。

みなさん、先生に可愛がられたいのでしょうね。

大人の趣味の世界での先生ー生徒の関係で、
もし、あなたが先生から贔屓されたいと切実に思うのでしたら、
絶対外してはいけないポイントを今回お伝え致します。


贔屓されたい方は、
『大人の趣味の世界での先生ー生徒の関係』を、
『会社の上司ー部下の関係』に置き換えると、
わかりやすいと思います。


上司はどんな部下を可愛いと思うか?
上司はどんな部下を大切にしたいか?


大概は“仕事ができる有能な部下”を目に掛け可愛がると思いがちですが、
それは調査によると1位ではありません。

これは恋愛関係にある恋人、夫婦においても同じ結果だそうです。
つまり、男性が女性に望む第一条件は、“美人で心優しい女性ではない” という事です。


・上司が部下に求める第1位の条件
・男性が女性に求める第1位の条件
= 先生が生徒に求める第1位の条件 も同じ。


私もこれを一番に求めます。

これはどんな先生でも同じだと思います。

しかし、趣味の世界の先生ー生徒の関係だと、この条件を満たす生徒はなかなかいない。

その理由の大きな1つは、
生徒の消費者意識、つまり“お客様意識”が関係しているのでしょう。


◆ 『ひいき』される生徒はこんな人

◆お客様感覚の生徒と、先生に相応しくない人は上達と成長を妨げる


この条件は一時的なものでは全く意味を持ちません。
一時的なものは直ぐに見抜かれるので、永続的でなければ有効とは言えません。

さて、では、この最も大切な条件とは一体何⁈

先生に可愛いがれ贔屓されたい方は知りたいですよね。

先生に贔屓される生徒、可愛く思う生徒=上手な生徒
ではない。

…と言うことは、、、

分析力を養い狡猾に


先生に好かれたいと思う方にアドバイス。

私のようにメソッドを確立させ、一代で知名度を上げた先生もいれば、
既存の高額なインストラクターコースを経て先生になった人もいます。
先生と言っても、先生として存在する迄には実に様々な経緯が存在します。

贔屓されたい方は、あなたを教えている先生の“特性”、
特に“先生として存在出来た経緯”をよく理解し把握し、分析してください。
例えば独立型起業家タイプか、平凡なサラリーマンタイプか等。

その先生の特性に合った対応を身につけ接する。
その先生と似たような感性を意図的に身につけてゆく。
これは非常に重要です。是非、ご留意くださいませ。


“大人であれば狡猾に”


です。

先生に疎ましく思われる生徒とは


実際、先生から可愛がられている生徒というのは、表面には出しませんがかなり狡猾です。

また、狡猾な人は絶対しない事があります。
逆に、嫌われる生徒、疎ましく思われる生徒はこれをしがち。


それは、、、、


『慇懃無礼』


気をつけてくださいネ。
これは、どんな先生でも直ぐ気がつきます。

◆先生が嫌悪感を抱く生徒はこんな人

贔屓される生徒はこれがある人


さて。
冒頭から述べている贔屓される人の特徴ですが、もうお分かりですよね。


『※※心』


これを先生は一番に求めます。
(ヒント…依存心、自立心、向上心、自尊心ではございません。)


これが備わっている人は、
もし仮に自分に不利な状況であっても、先生の意向や指示を必ず“優先”します。


因みに、『ご機嫌取り』と『狡猾さ』は一見似ているようでも違います。
ご機嫌取り、腹黒さが相手に伝わってしまうのは、深みが無く薄っぺらい証拠。
狡猾さとは常に先読みして相手が望む事を提示する。
決して感情的にならず、あくまでも論理的に緻密な構想を練って手段を取捨選択する。


女性は感情的になりやすいので失敗に陥る事も多いのですが、
贔屓されたい人は“贔屓されている人”をよく観察してください。


何か気づくはずですよ。


グループレッスンで贔屓は仕方のない事?


正直なところ、否定は出来ません。
グループレッスンですと、そうかもしれません。

ただ、他の生徒が不快を覚えるような贔屓の仕方は、
あまりにも品のない行為だと私は個人的に思います。


特定の生徒を贔屓する。
これは個人レッスンでは絶対あり得ない事。
個人レッスンは1人1人を大切にします。
だから私は個人レッスンの指導が好きなのです。





今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。

♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●マネアフラ個人レッスン専門教室『アトリエ・もも』のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share