まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

『ベタ足1.2.3.4のフラ』と『マネア』の絶対的な違い

フラダンス教室選び

2018年4月25日 / 2018年4月27日更新

優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

ももふら個人レッスン教室ご受講生、生のお声をお届け致します


もも花先生

先日はレッスンありがとうございました!
なかなか思うように自分の身体が動かず、毎回もどかしい思いですが、
それでも、もも花先生の踊りを、
あんなに間近で独占して見られる贅沢な時間は大変貴重でありがたく、
自分の見たままをそのまま頭の中にビデオのように記憶できたらどんなにいいだろう…
といつも思います。

昨日、勤務先の会社からコミュニティ宣伝用の素材を製作する為に、
フラレッスン参加を指示され、クラス受講をしました。

ベテランで経験豊富な素敵な先生で人気があるレッスンだというのも良くわかったのですが、
いつものようなワクワク感がちっとも感じられなくて、
(先生には大変申し訳ないのですが…)
私はももふらに出会えてやっぱり幸運だったなぁと実感しました。

「やってみたい!」と思えた時に偶然ももふらに出会えたこと、本当にラッキーでした。

魅力を感じることができなかったら、
やっぱりフラは年配の方のもの?退屈!
と思い、ここまで続かなかったかもしれません。

《追記》

素敵なダンスを見た時って心が躍るんですよね。
あの動き何?どうやってるの?ってワクワクが止まりません。

(…中略…)

ワクワク感が…なんて生意気なことを言ってしまいましたが、
フィットネスクラブでフラをやろうと思ったら、
どうしても1.2.3.4のカウントでエクササイズのように初めての方でも動きやすく、
ベタ足のシンプルな振付でレッスンを進めるしかないのですよね。
やはりフィットネスクラブでは限界があるなぁと思いました。
あたりまえですけれど。

実はレッスン後、仕事に戻った私に数名の方が声をかけてくださいました。
もう数年フラをやっていたようなのですが、
多分これまでずっとベタ足のフラだったのでしょう。
※動きが不思議だったようで、『どうしたらその動きができる?』と色々と質問されました。

(…中略…)

もも花先生の優雅なフラを習いたいと思う方は全国にそれは沢山、沢山いらっしゃると思います。
ベタ足しか知らず、マネアって何?という方も多数いらっしゃるはずです。


♡2016年執筆コラム。読んでね

♡2015年執筆コラム。読んでね


もも花先生にはこれからもどうかお辞めになることなく
(ここは強く強調させてください!)
素敵な踊りを広め、情報発信をし続けていただきたいと思いました。
だからこそ驚異的な回復力を神様が与えてくださったのでは?と思うのです。
素敵!って思えるものは皆に知って欲しいです!

(…後略…)


----------------------------------------

ご受講生のY様、気づきの多いお言葉ありがとうございます。
感謝!

文中の※部分は、Y様の優雅なマネアの腰の溜めとリズムと思われます。


●ももふらフラダンス個人レッスン専門教室のご案内


趣味の習い事は“ワクワク感”がなければ意味がない


当然の如く、個人によって“ワクワク感”の対象は違いますが、
フラに限らず趣味で楽しむ事は“ワクワク感”は大切です。
特にお金を出して習っている事であれば、
ワクワク感は尚更『譲ってはいけない感覚の1つ』です。


趣味は楽しむモノ。でアリマス。


日本のフラの9割が1234のフラ


上述ご受講生のお声紹介で、


【1.2.3.4のカウントでエクササイズのように初めての方でも動きやすく、
ベタ足のシンプルな振付でレッスンを進めるしかないのですよね。
やはりフィットネスクラブでは限界があるなぁと思いました】


とございましたが、1234でベタ足のフラはフィットネスクラブだからとは限りません。
個人主宰のサークルやハラウの多くも1234リズムが殆どです。
巷のイベントで踊っているフラ、皆さん1234です。

誤解のないようにしたいので強く申し上げますが、
私はこれらのフラを否定する気は全くございません。

日本人は三拍子や変調子を苦手とされる方が多いので、
1234のフラが主流であるのは自然の結果であると思います。


私が提供しているフラメソッドは変調で刻む事が多いので難しい。
従って、万人にはうけないと思います。
コレ、間違いないでしょう(笑)

♡意外⁉︎ YouTubeフラ動画のデメリット


要するに、種類の違いであって、何を好むかは個人によりけり。


♡プロ解説で納得!ベタ足とマネアスタイル、特性の違い


人は生きていると趣味嗜好は変わります。
人は気持ちが変わる生きものです。
その時々、ご自身に必要な選択をされるのが1番だと私は思います。


何事も無理、我慢はダメです。
くれぐれも限界を越さないでください。
限界を超えると“危険”が待っています。



天資を愉しむ。

レッスンで『出来なくてすみません…』と謝る人


今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share