まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

【続】グループレッスンで上達は無理。その究極の理由

フラダンス上達

2018年4月9日 / 2018年4月19日更新

優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

私しか知らない『グループレッスンで上達出来ない本当の理由』


フラインストラクターを終始完全個人レッスンで育てた指導者は、私だけです。
自信をもって断言出来ます。


先生になる人は個人レッスンは必須です


先生になる人を一人一人終始完全個人レッスンで育てるのは大変な作業です。
大変な作業ですが、そうでないと個人の本当の実力は育ちません。

わかりやすい例えにすると、皆さんもご存知のフィギュアスケート。
羽生結弦選手などの実力者は個人のコーチにつき受業。
個人的に助言を頂き育てて貰う。
これがもし、グループレッスンだったのなら…
結果は言うまでもありませんよね。


フラの先生になるには普通、
数十万円のインストラクター養成コースに申込み、そのクラスでグループレッスンをします。
どなたでも一定の条件が満たされれば、インストラクターコースは卒業出来ます。
このシステムはフラに限らず、ヨガなど様々な分野でも用いております。
これはビジネス活性化の為に必要な生産性の上がる効率の良いシステムです。
組織を存続させるビジネスにおいて、このシステムは不可欠。
従いまして、私はこのシステムを否定する気は全くございません。


しかし私はこのシステムは取りません。
今後も、です。

何故なら。
私のコラムをご愛読して頂いている方は、もう答えはお分かりですね。

私がフラでお金儲けが出来ない理由

フラの現状、『勝ってに踊ってはいけない』。フラとお金との関係

グループレッスンで育った先生、生徒には永遠にわからない答え


前置きが長くなりましたが、タイトル『グループレッスンで上達できない究極の理由』、
踊りの上達を妨げる最大の理由を知っているフラ指導者は私だけでしょう。
これも自信をもって断言出来ます。


グループレッスンで育った先生には永遠にわからない。
そして、その先生に教わった生徒も永遠にわからない。
また、グループレッスンでしか教えをされていない先生もわかりません。


終始個人レッスンで磨きをかけられ、その人が先生となり、
先生となった時、グループレッスンではなく個人レッスンで生徒を育て、
その育てた先生が先生となった時、、、
その育てた生徒を自分が教え直した時、初めてわかります。

何故、グループレッスンでは望む上達ができないのかを。

簡潔に申し上げれば、孫生徒を教え直した時、
その原因が深く理解でき、上達出来ない原因の全てが繋がります。


生もも花フラ ~動画では得られないもの~


グループレッスンでこの原因から逃れる事は絶対に無理です。
永遠に付き纏うものかもしれません。
これは動物の習性とも言えることかもしれません。


グループレッスンでは上達できない最大の理由、究極の原因。
それは、、、


『生徒は先生の◯◯を吸収しているから』


どんな人間でも◯◯は強調されてしまいます。
しかし、この◯◯を吸収し続けている限り上達は出来ない。
そして◯◯は自分ではわからない。


しかし、確率は極めて低いのですが、
グループレッスンでも限りなく上達出来る人もいます。
それはどのような人かと言うと、、、
限りなく担当の先生と◯◯の条件が一致している人。



◯◯…知りたい方は当教室で学んで答えを得てくださいませ。


※ヒント…◯◯は身体、性格ではありません。


先生も知らない、グループレッスンで上達出来ない本当の理由



今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share