まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

【ももふら最強開運画像】強運女が見る幸運雲『龍神雲と虹』

ももふら最強開運画像

2018年3月19日 / 2018年3月20日更新

最強ミラクル☆ももふら開運画像

ももふら開運画像の出典元は強運の持ち主、もも花
全ての写真はオリジナル。
合成写真なし!
自然に出来たものだからパワーが断然違います☆
♡ももふら開運画像一覧はこちら♡

☆ももふら開運コラムはこちら☆

強運の秘訣


【開運・龍・雲・メッセージ・強運・女】
このキーワードで、とても沢山の方が私のコラムにお越し頂いております。
開運関係業者を抜く私は、やはり運がとてつもなく良い♪


さて。
霊感を持っている方は、霊感の強さや出方はその人により異なります。
私の場合は“霊”は一切見ません。
私の場合は形(雲、図形など)や夢(予知夢)として現れます。

また、肌感覚で察知する能力がとても鋭い。
スピリチャルには興味はないのですが、何しろ私は霊感が強いので、

・違和感を覚える場所や人間
・氣が乱れている人、モノ、場所
・悪い波動を放っている人、それに関わっている人

等と関わると、エネルギーを奪われてしまい、
どっと疲れてグッタリし、酷い時は2.3日寝込んだり、、、
一週間位何も出来ないほど疲労感が凄い。

従って自己保身の為にも、
意識的にそのような人達や場所とは極力関わらないようにしております。

言うまでもありませんが、想念が強力な事は周知の事実。
怖いですか?(笑)

【雲龍:勝利のV】のメッセージ


雲、特に雲龍は神様の化身と言われているそうですが、
普通の雲龍から、凄烈な雲龍まで、実に様々な雲龍と日々遭遇する私。

今回お届けするのは、なんと虹とセットの雲龍です。
この組み合わせは初めての遭遇でした。
出現は昨日の午前中。

その前に。
先ず、家を出た瞬間に飛び込んできたのは『雲龍:勝利のV』。
“勝利”というメッセージが大きく届きました。

(撮影:もも花2018/3/18/10:20)
勝利のV雲龍(撮影もも花)


“なんで私に勝利のVを見せるんだろう?”

と不思議に思いながら歩いておりました。
5分くらい歩き、ふと雲が気になったので空を見上げると…

超開運!運気上昇の雲龍+幸運の虹が出現


虹と雲龍が!

しかも虹は綺麗な半円形。これは凄い!
と思い、カメラに収めましたが、逆光で色が出ない。
少し場所を変え撮影したのがこちら。
虹の半円はなくなってしまいましたが、お許しを。


(撮影:もも花2018/3/18/10:29)
龍神雲と虹(撮影もも花)


私の強運はおそらく生まれ持ったもの。
じゃなきゃ、【ももふら】も【もも花】も存在しないでしょ♪


今日も明日も、その先も、
皆さまに沢山の幸運と良縁が舞い降りますように☆


予知。勝利の雲龍、Vの意味


上述の『雲龍:勝利のV』…

昨日は撮影研修会(?笑)で板橋マラソンを撮りに行きました。
初めて見る板橋マラソン。
出場ランナーの数が凄いので、途中で切り上げ帰る事に。

『赤羽(東京北区)に神社の下を新幹線が通る神社があるらしいから、そこに行ってみたい』
と写真の師が仰るので、行く事に。
赤羽は私の住む隣街ですが、そのような神社があるとは今まで知りませんでした。

聞くところによると、その神社はテレビで取り上げられたようで、
普通の日曜にしては人が多いかな?と言う印象でした。

その神社で目にしたのはコレ。


(撮影:もも花2018/3/18/14:07)
赤羽八幡神社


ナント、こちらの神社…【勝負事の神様】だったのですね!l
勝利を手にする為に皆さんお参りをされているのでしょうね。

午前中に遭遇した『雲龍:勝利のV』は、またしても予知雲でした。

v(^^)v





今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・ホームページ

ももふらホームページTOP
プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
プロフラダンサーソロ出演のご案内
フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share