まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

花粉症薬を飲んでレッスンをされている方は無理禁物。

日々のこと

2018年3月4日 / 2018年3月16日更新

優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

花粉症の方は無理をしない事


花粉症の人にとっては辛い季節ですね。
花粉症薬を服用されている方はレッスンでは十分注意くださいませ。

花粉症のお薬はとても強く、副作用も強い。
“副作用が少ない”とされていてもゼロではありません。
教えている先生が花粉症でない場合、花粉症の人の辛さはわからないので、
気分が悪くなったら絶対無理をなさらず、休憩したり、早退されて下さい。
特に水分補給はこまめに、鼻をかみたくなったら我慢をせず、いつでもかんでください。
※恥ずかしいと思わない事。

症状が酷い場合は欠席される事をお勧め致します。

副作用と諸条件が重なると…


重度の花粉症で毎年悩まされている私ですが、体質が変わったのでしょうか。
毎年強い薬で抑えていたのですが、今年は一度飲んだきりでその後は飲んでおりません。
正確には、怖くて飲めなくなった、と言うべきかな。

実はですね…
先日、花粉症薬を飲んで外出した際に、意識が遠のき倒れてしまったのです。
目眩いと吐き気と悪寒が襲い、
全身麻酔で意識が落ちていく時の様に、
意識がなくなって倒れてしまったのです。

どの位の間倒れていたのでしょう…
意識が戻ってきた時、
『大丈夫ですか⁉︎』
『誰か呼んだ方がいいんじゃない⁉︎』
等とザワザワと周りの人々の声が徐々に聞こえ始め、
自分が気を失っていた事に初めて気づきました。

“こんな所で救急車を呼ばれたら大変だ!”と思い、
しばらくベンチで休み、何とか自力で自宅まで帰ってきました。
我ながら怖ろしい回復力!と思ったの同時に、
“強運だなぁ” とあらためて思いました。

という事で。
意識を失って倒れたのは、花粉症薬の副作用だけではなく、
その時の色々な条件が見事に重なって起きた事と思いますが、
その日以来、怖くて花粉症の薬が飲めなくなってしまいました。

花粉症の薬を飲まないで乗り切る方法


では、この時期、服薬無しでどうやって乗り切るか⁉︎
私の場合はこの組み合わせでほぼ決まり。

・鼻の塗り薬
・目薬
・立体型のマスク

(花粉用サングラスも何個か購入しましたが、マスクで曇ってしまい私の場合はムリ)

マスクですが、いつもはプリーツ型のマスクを使用(写真中央左)
今回初めて立体型のマスク(ノーズフィットつき)を購入したところ、

……これは素晴らしい‼︎

見た目はカッコ悪いけど、遮断率は凄い!

花粉症で苦しんでいる方、このマスクはお勧めです。
レッスンをされる時でも苦しくないと思いますよ。
ぜひ、お試しくださいませ。

サイズは『小さめ、普通、大きめ』と3種類。
今回、普通サイズを購入しましたが、顔に肉があるせいか(笑)少しキツイ(^^;;
でも、少しキツイくらいの方がより密着して遮断するのかな?とも思ったり。

この時期は頻繁に鼻をかむので保湿成分入りのテッシュは欠かせません。
ポケットティッシュも同じく。


花粉症対策


実は私、かなりのツボ好き。
昔、気功もやっていたので経絡とか凝った時期有り(笑)
写真の中央は長年愛用している“ツボ押し棒”です。
私のお気に入りのツボ【百会】は毎日押してます。

足裏、腕、頭、顔etc色々ツボあります。
健康と美容にご興味のある方はツボにも注目してみてね。
じっくりゆっくり関わっていくと身体も喜びますヨ♡

良いこと起こる。茶柱の縁起♪


緑茶好きの私。茶柱、よく立ちます。先日も真っ直ぐ立っていました♪
縁起の良い茶柱。
私の大切な人の健康と幸せを願って…☆

茶柱☆






今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share