まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

コラム、無料読み放題廃止、有料にすべき?

日々のこと

2018年2月15日

優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

活字で伝わること、伝わらないこと


私のコラムをお読みくださった出版社の方から、
『出版しませんか?』
とお誘いのメールやお電話を頂く事が多々ございます。

“かなり専門的で知識のある内容を無料で提供しているのは勿体ない”
と仰います。
有り難い事に、私の記事に価値を見出してくれているのでしょうね。
しかし、出版のお誘いは全てお断りさせて頂いております。
今後もお断りする意向です。

理由としては、私にとってこの程度の知識は眇たるもの。
本当に大切な事は活字ではお伝えしておりません。
正確には、“活字では伝えられない” と申した方が相応かな。

本当に大切な事、
本当に伝えたいものは、
私自身の身体:実践を以って、
当教室でのレッスンや、ワークショップでお伝えしております。
従いまして、言語は捕捉。具体的であって、実は抽象的な伝達。


例えばこちら。
私が一番伝えたかった事です

こちらは上記レポート


どの出版社の方も一番気に入ってくれた記事はこちら。
人気、支持を得ているコラムでもあります。

フラダンスがバカにされる本当の理由


このコラムを書いたのは5年前。
私が身体の土台作りの重要性を説いてから何年経つのでしょう?
時間は掛かりますが、私のフラを通し、
意識の高い方達が徐々に増えてきた事は、大変嬉しく喜ばしい限りです。


踊りは踊りだけ練習しても色濃くなりません。

人には色々な側面があります。
それ故に、色々な経験を積み、
その時々により、思考や感情も変わりゆくものですが、
自分に起こった全ては糧とし、学びとして深める。
それらの総合力が踊りにも出てきます。


執筆という表現方法も、私の一部。
挿入する写真にメッセージを込めるのも、私の伝達手段の1つ。
アイハスタンスのマネアフラという踊りも、私を表現する1つの方法。


私は幸いにも“書く”という行為を楽しめる人間。
活字を通してのフラ革命、意識改革。
そして自己表現。
どこまで出来るのか楽しんでゆきたく思います。


因みに。
後で読み返して“大した内容ではないな”と思ったコラムは躊躇なく削除しております。
削除数、計り知れないほどあるかもしれません(笑)
また必要に応じ、追記や加筆、数種記事を統合する事も多々有り。


余談。
出版をお断りする本当の理由…
私の性格上、いつまでフラと関わっているかわからないので(笑)


今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・公式ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share