まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

プロ解説で納得!ベタ足とマネアスタイル、特性の違い

踊りについて/踊りと関わる

2018年2月8日 / 2018年2月10日更新

優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です

ベタ足で“流れるようなフラ”が出来ない理由


残雪の中、紅白梅も咲き始め季節の移り変わりを感じる今日この頃。

(撮影:もも花 川口西公園の梅)



先月の大雪の時、1月9日(火) 6:55配信されたYahooニュース。
その記事で出てきた『一つの言葉』が私の目を奪いました。


“ああ、やっぱりそうだよね”


と、私は確信を得ました。
その言葉は私がこれまでお伝えしてきた、“ある重要な事が裏付けされた”と言うべきでしょう。

確信を得たその言葉とは…

プロの解説で納得


先ずはこちらをご一読くださいませ。

◆日本のフラダンス、見直しませんか?

◆フラダンス 実はこんなに違うんです。ベタ足とマネアの違い

◆【重要】ベーシックは上手なのに、綺麗に踊れないのは何故?


“ ベタ足は動きを止め、力を吸収する ”

ここが私が幾度もお伝えしている重要な箇所。


上記をご理解された上で下記の記事をお読みになると、
“やっぱりそうかぁ”
と、イヤでもご納得される事でしょう。

▪️1/9(火) 6:55配信されたプロ記者、専門家による記事です。全文掲載。



つまり、
『ベタ足』は動きを抑えつけ、抑えつける事で力は分散されず留まる。
即ち、ベタベタとベタ足で歩く事により、
滑りやすい雪道やアイスバーンでの転倒を防ぐ事が出来る。
と言う事に繋がるのでしょうね。

私の下手な解説よりも(笑)、今回の大雪で皆様自身がご経験されお分かりかと思います。



踊りは踊りだけを無心に頑張っていてもダメです。
勿論、技術を磨く事は大切ですが、それだけでは上達や成長はしません。

一つの側面からではなく、多面的視野で捉える事で様々な気づきを得ます。
小さな気づきも踊りに導く糧になります。

大切なヒントは特別な場所に行かなくとも、
いつもの生活の中や、変わりばえしない日常の中にも沢山隠されています。

踊りの上達や成長を本気で願う方は、気づきを養う目・感性を磨いていきましょう。


因みに。
上記の記事、優雅な踊りに結びつくヒントが二ヶ所ございます。
とても大切です。
あなたはどこかわかりますか?
(受講生の方で知りたい方は当教室レッスンで教えます)

ハンドモーションだけ出来ても優雅とは言えない


見出しの通りです。
フラをされている殆どの方はハンドモーションに気を取られいますが、
優雅な舞いとは全身のバランスで成り立つものです。
是非、ご留意くださいませ。

いつまでも綺麗な60、70、80代を目指す♡


私もそのうち仲間入りします、高齢化社会。
女性も男性も歳を重ねる毎に美しく。内面も外見も。
その為には、先ずは健康!

若返り、健康効果大! マネアフラで美しくなる理由




今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

お問合せ・ホームページ

●ももふらホームページTOP
●プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
●プロフラダンサーソロ出演のご案内
●フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
●企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
●フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share