まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

フラダンス 個人レッスンで学ぶソロの踊り『ホワイトクリスマス』

フラダンス教室選び

2017年12月16日 / 2018年10月11日更新

個人レッスンで育むまれるもの


優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡フラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です


フラで踊るクリスマスソング『ホワイトクリスマス』、
改良版:ソロの踊りへと振付は進化したのですが、
当教室より一歩先にワークショップで発表しました。

当教室では先日、受講生の方に伝授。
度々コラムに登場する彼女ですが…やはり鋭い!

着眼点が違いますね。流石です!


『もも花先生はお尻が浮いてるんですね』
『これ(重心)は横に見えるけど、“前”で処理してるんですね』
『最後も一つ一つ処理してるんですね。』

と、最も肝心な箇所を発見し、気づいてしまったのです。

ワークでは卒業生を含め、どなたも気づかなかったポイントです。
彼女の発言を聞いた時、“目が肥えてきたな”と嬉しくなりました。


【コラム】綺麗に踊る為に必要なこと


彼女は当教室、個人レッスンでの学びを始めて3年目。
『継続は力なり』と言うように、いつの間にか気付かないうちに、
グループレッスンでは得られない能力を確実に身につけているのですね。


着眼点や本質を見抜く能力が育まれる。


ここが個人レッスンとグループレッスンの大きな“差”。

成長は気づきから始まる。
個人レッスンで自分を内観する能力を自ら育む。
踊りは他人と比較して優劣をつけても意味を持たない。


『芸事』と『芸術』は違う。


自分を解放し、自分の肉体と精神を繋げ融合させる。
舞う。
踊る。
の原始本能って、これだと私は思う。

【コラム】上達する人だけが知っている事




今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

ももふら公式ホームページ

ももふらホームページ
・プロフラダンサーソロ出演依頼
・マネアフラ個人レッスン教室
・企業団体向けフラダンスワークショップ
・フラダンス出張レッスン
・フラダンス振付
ご依頼、お問合せはホームページをご覧くださいませ

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share