まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

【レポート②】『グレーゾーンの存在』に出合う時

優雅・綺麗・品のある女性美溢れるワンランク上のフラスタイル、マネア。
aloha♡フラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です


レポート第2弾。
今回も緊急開催期間限定フラワークショップご受講者様から頂いたメールをご紹介致します。

♡レポート①はこちら

ワークショップご受講者様からのメールをご紹介


*********************************************************
♡東京都のM様より。フラ歴9年
*********************************************************

もも花花先生

昨日は、貴重なW.Sに参加させて頂きありがとうございました。

ステップがちゃんと踏めてない私ですが。。。。
もも花先生の振り付けの世界観に、 一瞬にして引き込まれてしまいました。

「今日は楽しんで下さいね〜』
と声を掛けて頂けたことで、
上手に踊らなきゃ!という思いを手放すことができ、
心がトキメキながら踊らせて頂きました♡超気持ちいい〜♡

もも花先生、素敵なプレゼントまで頂き本当にありがとうございました。

来年もWS開催を心待ちにしております。

※※※(M様のお名前)

〜〜〜
PS
卒業生の方々とのレッスンを拝見させて頂きありがとうございました。

私は、自分が経験してきた師弟関係に時折疑問を持つことが有り、
辛い経験から色々なことを学んで参りました。
そんな中、もも花先生のブログを長年拝見させて頂けたお陰で、
前向きにチャレンジしてこれたように思います。

*********************************************************

『踊りは、人間性やその人自身が出る』真実


M様は前回のワークにもご受講頂きましたが、
私の中でとても印象深いお方のお一人です。

M様はとても丁寧に踊られる方で、
踊りのポイントを捉える事に長けているお方。

フラのベテランさんにも関わらず終始真摯な態度でご受講され、
一言一句聞き漏らさないように集中。

私のお手本をよく見て、
踊りをその都度ご自身の中に落とし込む作業をされているな、と伝わります。

そして何より、内側から自然と溢れ出す優しい笑顔がとても素敵!
“踊る事が楽しんだなぁ” とこちらに伝わってきます。

M様をはじめ、皆様の踊りを見ていて常に感じること。

『踊りはその人自身が出る』

とあらためて思いました。

ワークショップご受講者様からのメールをご紹介


*********************************************************
♡青森県のT様より。フラ歴8年
*********************************************************

もも花 先生

先日のワークショップでのご指導ありがとうございました。

ホワイトクリスマス、まるで少女が演じているような素敵な振付で、
※歳の私が踊っていると滑稽に見えた事でしょう(笑)

[もも花より:そんな事ございません!T様の寝姿は色気があって素敵でした☆]

一曲仕上げという事でしたが、そう簡単には覚えられず、
帰りの新幹線の中で必死に思い出しノートにとりました。
(まだ完全ではありません(笑)

いくらもも花先生の振付が素敵でも、
基本のマネアや時間差で動く事などが出来てないと、
綺麗に踊れないのはわかっていますので、
これから頑張りたいと思います。
(頑張れるかな?個人レッスンで教えていただかないとダメかも?)

それから、今いるカルチャーでのフラは平面的な踊りであり、
もも花先生のワークショップに参加するようになって、
立体的に踊ると大きく見えるというのもわかり、
やはりいつも参加して良かったなと思います。

来年も、もも花先生にお会いできますよう、クリスマスにサンタさんにお願いします。

こちらは雪はまだ積もっていませんが、もうすぐ銀世界になる事でしょう。
もも花先生もお身体にお気を付けてお過ごし下さい。

それでは、失礼します。

※※※(ご受講者様のお名前)

*********************************************************

踊りのグレーゾーンに気づく時


T様も前回開催したワークショップをご受講下さりました。
毎回新幹線でお越し頂き、本当に頭が下がる思いです。

さて。
今回のT様、ご本人はお気づきではないと存じますが、
レッスン中にとても重要な発言をされました。
しかし私はその発言に対し、あえて何も答えませんでした。


何故なら、ご自身で感じとったその感覚、
その感覚の答えをご自身で導き出して頂きたかったのです。


今回は特別にノートに書き留める事をレッスン時間内に導入しました。
しかし、“書けない”方が数人…
その中のお一人、T様。

私が
『書けたぁ〜?』
と言いながらノートを覗き込むと、
T様は
『書けない。カウントと合わない』
と仰いました。
私が覗き込んだ時、T様のノートは見事に空白だらけ。


『書けない』
コレ、正解です。


“カウントと合わない”
T様はこの事に気付いたのです。


音の捉え方、
ハンドモーションの繋ぎの作業、
足の運び、
それらが微妙に絡みあうとグレーゾーンが生まれてきます。


グレーゾーンをカウントに閉じ込める事は絶対に不可能です。


閉じ込める事ができるのは、1234で踊るフラ。
従って、平面的で“遊びのないフラ”となります。


グレーゾーンの存在に気付いた時から何かが変わり始めます。


たった数回の受講で気付いたT様。
この先が楽しみですネ♪



因みに、私のフラはグレーゾーンがふんだんに存在しますが、
書き方はちゃんと存在します。
書き方のお勉強は当教室で指導しております。



今回の記事があなたのお役に立てたのならとても嬉しいです。 もも花
…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

ももふら公式ホームページはこちらから

ももふらホームページTOP
プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
プロフラダンサーソロ出演のご案内
フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share