まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
もも花

次世代フラを提唱するプロフラダンスダンサー&指導者

もも花(ももか)

ももふら

お電話での
お問い合わせ
09017074794

コラム

フラダンス、上達出来ない人へのヒント 。『考え方を変える』と楽になります

もも花のAloha

2017年3月7日 / 2017年3月8日更新

Aloha♡プロフラダンサー・フラ指導者・ももふら主宰 もも花(momoka)です


実はその昔…
PSW(精神保健福祉士)を目指していた時期があり
かなり勉強しておりました
…が!
結果的に単位が取れなく潔く諦めました(笑)
その代わり20年以上実質的に精神保健と医療に関わっており
リアルな現実と向き合っていたので
精神保健や医療の在り方に関してはかなり客観視しております
その影響もありまして私は精神衛生にはとても敏感です
従いまして
言葉だけで実践が伴わない上っ面だけのAlohaや
フラの閉塞的な在り方とは一線を置けるのであります

※ご参考まで…
【コラム】偏見・差別・無理解は『無知』『中途半端な知識』から生まれる


最近 社会福祉士の方と接する機会があり
先日は数年ぶりに
社会福祉制度や医療・心理について会話をしました
その方が仰るには最近の最新の医学の考え方は


『治す』『克服する』より
『ひどくならないようにしながら 上手く付き合っていく』
という考えの方が上手く行く


だそうです。
これを聞いた時『なるほどネ♪』と思いました

この考え方・捉え方は最初は思うように出来ませんが
慣れてくると程よい匙加減も解ってくるので
今ある現状をベースラインとして受容する事ができますので
当事者が過度なプレッシャーから解放されて
精神的にかなり軽くなるのでは?と私は思います


実はこの言葉を聞いた時
医療だけではなく
様々な場面でも共通する考え方だと思いました
特に『苦手意識』の強い方には打って付けかもしれませんね


フラを上達したくて沢山頑張ったけれど
思うように結果が得られず悩んでいる方は
この考え方は問題解決の糸口になるかもしれません
多面的に捉えて自分に最適な方法や答えが見つかると良いですね♪






…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
大変申し訳ございませんが、このコラムに関しての個人的なご質問にはお答えしておりません。
コラム記事・画像の一部または全部無断転載・転用・改ざん・複製・類似サイト制作は固く禁止します。
♡ももふらフォトギャラリー♡

ももふら公式ホームページはこちらから

ももふらホームページTOP
プロフラダンサー/フラ指導者もも花プロフィール&マスコミ履歴
プロフラダンサーソロ出演のご案内
フラダンス個人レッスン専門教室のご案内
企業・教育機関・団体向けフラダンスワークショップのご案内
フラダンス出張レッスンのご案内

【画像著作権】画像使用についてのお願い


コラムで提供している画像著作権は、著作権者に帰属します。
ホームページ、ブログ等に掲載・使用される場合は必ずご連絡をお願い致します。
使用する際には著作権者(写真撮影者名)の明記、出典元(ももふら)の明記を必須と致します。

この記事を書いたプロ

もも花

もも花(ももか)

もも花プロのその他のコンテンツ

Share