マイベストプロ埼玉
三島泉

建物調査や耐震診断等に強い一級建築士

三島泉(みしまいずみ) / 一級建築士

有限会社三島泉設計事務所

三島泉プロのご紹介

中古住宅、リフォームの建物調査、耐震診断、改修工事の経験豊富。安心の住まいを提供(1/3)

建物調査や耐震診断等に強い一級建築士 三島泉さん

建物調査と改修工事で中古住宅市場を活性化。空き家問題に全力で取り組む

 「近年、新築住宅は着工戸数が減少傾向にある一方、空き家数は右肩上がりとなり、空き家の増加が問題視されてきています。空き家問題の1つとして、建物調査が認知されていないことが一因と考えています」
と話すのは、有限会社三島泉設計事務所の三島泉さんです。

 前設計事務所在籍中に住宅から商業建築まで多くのプロジェクトの設計業務に携わり、独立後も同様に幅広く設計を行っている三島さん。公益社団法人日本建築士会連合会のCPD制度を利用し常に技術を磨き、認定の専攻建築士として活動しています。

 現在は、住宅や保育施設等の設計を行う一方、建物調査のスペシャリストとしても活躍中です。既存住宅インスペクター、適合証明技術者の資格を取得し、建物診断にも力を入れています。

「ここ2年で、住宅金融支援機構の住宅ローン『フラット35』を利用するための建物調査を200件近く行っています。お客様が質の高い中古住宅を、安心して取得するために必要な適合証明書を発行する業務です」

 さまざまな建物調査を行っていく中で、「中古住宅購入のメリットは多々あるはずなのに、どうして中古市場が活性化されないのか」、三島さんは疑問に思っていました。最近になって、その1つが既存住宅インスペクションの認知にあると考えるようになったそうです。

「既存住宅インスペクションとは、住宅の劣化状態などの状況を調べ報告することです。これは事実をそのまま報告するものなので、売り手も買い手も納得して購入することができます。さらに、耐震性などを調査する場合もあり、必要に応じて耐震補強などの提案も行います」

 不動産流通業者が中古住宅もしくは空き家をリフォームして販売する際、同時に耐震診断および耐震補強工事をセットにして、フラット35の機構基準に適合する様に改修工事を行うことで、耐震基準適合証明書が取得できます。これらの証明書を取得すると、購入者の幅が広がるのみならず、税制上のメリット(住宅ローン減税、登録免許税や不動産取得税の軽減等)が出てきます。

「状態にもよりますが古い木造住宅でも、きちんと建物調査を行い、改修工事を施せば安心して快適に住むことができます。コスト面でも抑えられる中古住宅は、住宅購入を考えている世代にはオススメです」

Share

三島泉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-810-1203

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三島泉

有限会社三島泉設計事務所

担当三島泉(みしまいずみ)

地図・アクセス

三島泉プロのコンテンツ