マイベストプロ埼玉
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ埼玉
  3. 埼玉の法律関連
  4. 埼玉の遺産相続
  5. 松﨑豊
  6. コラム一覧
  7. 中高年のための現在・過去・未来を『生き抜く(息抜く)』書類 「姻族関係終了届」㉟ -Q&A編㉔- 成年後見人と親族の義務の範囲
松﨑豊

終活と姻族関係終了のコンサルティングとサポートの専門家

松﨑豊(まつざきゆたか) / 姻族関係終了コンサルタント(死後離婚アドバイザー®)

松﨑行政書士事務所

コラム

中高年のための現在・過去・未来を『生き抜く(息抜く)』書類 「姻族関係終了届」㉟ -Q&A編㉔- 成年後見人と親族の義務の範囲

2021年6月16日

テーマ:姻族関係終了届

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 離婚問題夫婦問題 相談行政書士 相談

松﨑行政書士事務所では、姻族関係を終了させる手続きについてサポートしています。
(いわゆる“死後離婚”についてコンサルしています)

今回も、「姻族関係終了届」に関していただいた質問の中から紹介します。Q&A㉔です。
過去のQ&Aについては、下記からどうぞ。
Q&Aの①「義理の父親との姻族関係」はこちら
Q&Aの②「義理の父母と息子(孫)の関係」はこちら
Q&Aの③「親の再婚相手の扶養義務」はこちら
Q&Aの④「子どもの配偶者の扶養義務」はこちら
Q&Aの⑤「届出を相手方に知らせるには」はこちら
Q&Aの⑥「戸籍の身分事項欄に記載される「姻族関係の終了」の文字」はこちら
Q&Aの⑦「離縁をしてない状態での「復氏届」」はこちら
Q&Aの⑧「姻族関係とはどこまでの親等か」はこちら
Q&Aの⑨「再婚者の連れ子同士は親族か」はこちら
Q&Aの⑩「夫婦関係はいつ終了するのか」はこちら
Q&Aの⑪「遺骨は親族と配偶者のどちらが引き取るべきか」はこちら
Q&Aの⑫「届けを出した妻はどこのお墓に入るべきか」はこちら
Q&Aの⑬「嫁ぎ先のお墓に入らなくてすむ方法」はこちら
Q&Aの⑭「別居中の身でも遺骨や位牌を引き取るべきか」はこちら
Q&Aの⑮「旧姓に戻っても夫と一緒のお墓に入るには」はこちら
Q&Aの⑯「死亡届と姻族関係終了届を同時に出せるか」はこちら
Q&Aの⑰「主人の遺言書に届け出を書いて有効か」はこちら
Q&Aの⑱「義兄が相続に干渉してくる」はこちら
Q&Aの⑲「義両親に戸籍謄本で追跡される?」はこちら
Q&Aの⑳「同居の義母(姑)に家を出て行ってもらえるか」はこちら
Q&Aの㉑「婚姻の“無効”と“取消”では、姻族関係の終了も違う?」はこちら
Q&Aの㉒「復氏届を取り消してまた主人の姓に戻るには」はこちら
Q&Aの㉓「成年後見人を辞任する「正当な事由」とは」はこちら

質問.
親族の果たすべき義務の範囲を教えてください。

認知症を発症している姉がおります。
姉には子どもが無く、親族は私を含めて兄妹(3人)だけです。
成年後見人には、姉の夫が生存中に自分の実姉(姉の夫の実姉)に決めました。

しかし、その後、成年後見人が実子を姉と養子縁組させようとしていたことが
わかりました。(姉の財産狙いであることは明らかです)

当然に成年後見人と私たちの関係は悪化し、話合いができない状態となりました。
「姻族関係終了届」を出して、後見人である義姉を排除できますでしょうか。

もし、姉が亡くなった場合には、親族としての義務は果たしたいと考えています。
このとき、成年後見人はどこまで関与してくるのでしょうか。
ちなみに、姉と成年後見人は、良好な関係です。

亡くなった場合の、親族と後見人の手続き等の違いを、義務の範囲と合わせて教えてください。


回答.
まず、「姻族関係終了届」を出すことができるのは、
姻族関係を終了させる意思を表示しようとする、
残された配偶者でなければなりません。
第三者の意思ではできないのです。
(また、「姻族関係終了届」は成年後見制度に何ら影響を与えません)

後見は、お姉さま(被後見人)が亡くなると同時に 終了します。
相続手続きをする権利は、姉の相続人(姉の兄妹3人)にあります。
義姉(成年後見人)は、相続手続きに関与する権利も義務もありません。

なお、成年後見人は、被後見人の死亡後、「後見終了の登記」を申請し、家庭裁判所に被後見人死亡の「上申書」を提出します。そして、死亡から2か月以内に 可能な限り成年後見人の未払いの債務を弁済し、未回収の債権を回収した上で 財産の計算をして遺産を相続人に引き渡し、「財産目録」「相続人の遺産の受領書」「後見事務経過一覧表」を添えて、「後見事務終了報告書」を家庭裁判所に提出しなければならないとされています。

葬儀についても、親族の誰かが喪主となって行うべきと思います。
ちなみに、姉の夫の姉(義姉)も、姉の親族(2親等傍系姻族)では あります。

また、お姉さま(被後見人)の死亡届を誰がするかについては、法律で次のように定められています。
<戸籍法>第87条
(第1項)次の者は、その順序に従つて、死亡の届出をしなければならない。但し、順序にかかわらず届出をすることができる。
1.同居の親族
2.その他の同居者
3.家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人
(第2項)死亡の届出は、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人も、これをすることができる。

なお、上記、「後見終了登記申請書」「上申書」「後見事務終了報告書」には、被後見人の死亡事実の分かる戸籍謄抄本を添付する必要があるため、親族等が死亡届を出さないままでいると、成年後見人がその戸籍謄抄本を入手できないため、成年後見人も死亡届を出せるようになっています。


今回はここまで。また来週。 今を大切に生き抜く(息抜く)。

・人生100年時代に役立つ終活セミナー~おひとりさま編~ を埼玉県越谷市で7月開催にて、「成年後見や身元保証に関するお話」をします。参加希望の方はこちらから。

姻族関係終了コンサルティング。
姻族関係終了届出代行。

この記事を書いたプロ

松﨑豊

終活と姻族関係終了のコンサルティングとサポートの専門家

松﨑豊(松﨑行政書士事務所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

松﨑豊プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8561-7792

 

※コンサルティング中などで電話に出られない事があります。「メールでお問い合わせ」のご利用が確実です。
※営業の電話はお断りします。 ※非通知番号は応答できません。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松﨑豊

松﨑行政書士事務所

担当松﨑豊(まつざきゆたか)

地図・アクセス