マイベストプロ埼玉
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ埼玉
  3. 埼玉の法律関連
  4. 埼玉の遺産相続
  5. 松﨑豊
  6. コラム一覧
  7. 終活へ~中高年のための生き方名言38 オードリー・ヘップバーン(女優/イギリス)の言葉①-ありのままで生きる-
松﨑豊

終活と姻族関係終了のコンサルティングとサポートの専門家

松﨑豊(まつざきゆたか) / 姻族関係終了コンサルタント(死後離婚アドバイザー®)

松﨑行政書士事務所

コラム

終活へ~中高年のための生き方名言38 オードリー・ヘップバーン(女優/イギリス)の言葉①-ありのままで生きる-

2020年12月13日 公開 / 2021年5月25日更新

テーマ:オードリー・ヘップバーン 名言

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 終活 いつからライフスタイル 女性夫婦問題 相談

松﨑行政書士事務所では、中高年の方に励みとなるような名言を紹介しています。

今回は、「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」などの 主演女優として、またユニセフ親善大使としても活躍した、オードリー・ヘップバーンの言葉を紹介します。〈1929年生。1996年没。享年63歳〉
コラム一覧:オードリー・ヘップバーン 名言

 - オードリー・ヘップバーンの言葉 -
『私 にとっての最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、
 自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことよ』

前日のコラム生き方名言37にて
アルフレッド・アドラーとダーウィンの言葉を用いて、「自己受容」※の必要性を説明しました。
(※「自己受容」とは、ありのままの自分を認めてあげること)

そこでは、生き残るため、生き抜く(息抜く)ためには変化に対応(自ら変化)しなければならず、そのためにはまず、「ありのままの自分を受け入れる」ことが求められるのでした。

アルフレッド・アドラーは次のようにもいいます。
「目標もなく、ライフスタイルも定まっていないから、他人のことが気になりねたんだりする。そうならないように、不完全な自分を素直に認め、受け入れることから始めてみる。そこから、自分の未来や新しい可能性が見つかり出すのである」

ここでいっている「不完全」とは、人格についてではありません。新たに手がけたことについての知識や技術についての「不完全」です。ありのままの自分を認めるということは、不完全な自分を受け入れることです。
また、そうすることでアドラーは、「目標を持ち、ライフスタイルが定まり、他人のことが気にならなくなる」ような、自分の軸(自分らしさとありたい自分)ができあがるとイメージしていたようです。

享年63歳のヘップバーンは、『ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったこと』で、自分軸(自分らしさとありたい自分)を通して生き抜く(息抜く)ことができたのではないでしょうか。

【偉人の名言】 「私たちは、自分のすばらしさと不完全さの中で、何よりも自分自身を愛することから学ばなければいけない」 (ジョン・レノン/音楽家、ビートルズのリーダー)

終活相談
エンディングノートコンサルティング
姻族関係コンサルティング

この記事を書いたプロ

松﨑豊

終活と姻族関係終了のコンサルティングとサポートの専門家

松﨑豊(松﨑行政書士事務所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

松﨑豊プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8561-7792

 

※コンサルティング中などで電話に出られない事があります。「メールでお問い合わせ」のご利用が確実です。
※営業の電話はお断りします。 ※非通知番号は応答できません。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松﨑豊

松﨑行政書士事務所

担当松﨑豊(まつざきゆたか)

地図・アクセス