マイベストプロ埼玉
高田博行

家の設計から施工まで一貫して対応できる一級建築士

高田博行(たかだひろゆき) / 一級建築士

(有)高陽一級建築士事務所

コラム

トイレの臭いの原因、リフォームで解決?

2020年2月14日

テーマ:トイレリフォーム

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: トイレリフォーム

「きれいに掃除をしても臭いが残る」「トイレ内に臭いがこもっていや」と困っている人も多いのではないでしょうか?

なぜトイレは臭うのか、また臭いが充満してしまうのか、その原因についてご説明するとともに、臭いの解消方法や日頃できることも取り上げていきます。日常のちょっとした工夫や心がけで、快適なトイレ空間を保っていきましょう。

トイレが臭う原因はなに?

トイレが臭うのなぜでしょう? その原因としては、便器と周辺の汚れが取り切れていないことが挙げられます。

特に男性の場合ですが、用を足した時に少なからず尿が便器の内外に飛び散ることがあります。目に見えない程度の飛沫であっても、積み重なっていくと臭いの原因になります。

その状態で放置しておくと次第にアンモニア臭が蓄積され、独特のキツイ臭いがするようになります。
便器の内側や壁、床などに付着した汚れや臭いを取り切ることができないと、徐々に悪臭が漂っていきます。

また、カビによる臭いも挙げられます。トイレは水たまりが常にある場所であり、閉め切った状態にしておくと湿度も高くなりがちです。そうなると、カビの繁殖にもつながりやすくなり、臭いの原因になることがあります。

便器の内側やタンクの中、壁や床などに黒ずみが見られる場合はカビが発生しているサインです。放置しておくとカビの範囲がどんどん広がり、臭いの元が増えていきます。

また、珍しいケースではありますが、トイレの中の水が蒸発してしまい、下水管からの臭いが立ち上がってくることがあります。

便器には、害虫が侵入しないように、また下水管からの臭いを遮断するための排水トラップがあって、常に水がたまっています。しかし、長期間トイレを利用していない、またトイレの配水管やタンクのトラブルなどで、この排水トラップの水が蒸発したり、減ったりすることがあります。そうなると、下水管からの臭いがトイレに上がってくるようになります。

トイレの臭いの解消方法とは?

トイレの臭いを防ぐ方法としては、シンプルなことですが掃除が挙げられます。

便器のフタや便器のフチや便座の裏側、便器と便座の接合部分、便器の外側、壁や床などを丁寧に、そしてまめに掃除することが大切です。

便座は取り外しができるタイプもありますので、外して汚れなどをふき取りましょう。壁や床は、中性洗剤を使って拭き掃除をしましょう。

便器やタンク内の黒カビなどには重曹がおすすめです。また便器の黄ばみにはクエンさんが有効です。
重曹には消臭効果、クエン酸には除菌・抗菌効果があるので、汚れを落とす以外の効果も期待できます。

また、男性の場合は便座に座って用を足すことも臭いの解消につながります。立って用を足すと、尿ハネが大きくなり、壁や床にも汚れが付いてしまいます。座って用を足して尿ハネを少なくすることで、臭いの元を減らすことができます。

また、トイレの換気扇も掃除しましょう。換気扇のカバーにホコリなどがたまると換気機能が下がるので、臭いがこもりやすくなります。

なお、トイレを流す時にフタを閉めるのも効果的です。水を流す際に、水しぶきが壁や床に飛ぶことがあります。それが臭いの原因になることがあるので、トイレのフタを閉めて流すように心がけましょう。

便座交換やトイレリフォームで臭いを解消

日頃からきちんと手入れをしていても、トイレの臭いが気になることがあります。その場合は、便座交換やトイレリフォームを考えてもいいでしょう。毎日丁寧に掃除をしていても、年数がたつと、汚れが蓄積し臭いの元となってしまいます。

便座交換に関しては、一般的なものであれば1,500円から4,000円程度で交換することができます。温水洗浄機能が付いている便座であれば、2万円から交換することができます。

また、便器交換もおすすめです。トイレの性能はどんどん向上していて、各メーカーも洗浄機能や防汚性に優れた便器を開発しています。
新しい便器に交換することで、水を流す力で多くの汚れを取り除くことができ、便器内も汚れが付きにくく設計されています。またデザインが非常にシンプルで、便器外側の凹凸が少なく、拭きやすいように便器の形が工夫されています。そのため、便器そのものを換えることで、毎日のお手入れが楽になります。

また、壁や床材の張り替えもおすすめです。トイレの床材なども、水に強く、また汚れの付着やアンモニア臭などに対して対策が講じられた素材が提案されています。

便器の交換、壁・床材の張り替えと、トイレ全体をリフォームすることで臭いの元になる汚れを解消することができます。

しかし、それでも臭いがする場合は工事の不備が考えられます。排水管と排水ソケットの接合がうまくいっていないなどです。こういった場合は、早急に施工をお願いした業者に点検をお願いし、改修をしてもらいましょう。

トイレは毎日使う場所で、清潔感が求められる空間です。掃除をするといった日常的な手入れでも臭いが消えない場合は、便器や内装などに臭いが蓄積している可能性があります。10~15年以上たっている場合は、水まわりのリフォームのタイミングでもあるので、トイレリフォームを検討するのもよいでしょう。

この記事を書いたプロ

高田博行

家の設計から施工まで一貫して対応できる一級建築士

高田博行((有)高陽一級建築士事務所)

Share

関連するコラム

高田博行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-795-5672

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田博行

(有)高陽一級建築士事務所

担当高田博行(たかだひろゆき)

地図・アクセス

高田博行プロのコンテンツ