マイベストプロ埼玉
高田博行

家の設計から施工まで一貫して対応できる一級建築士

高田博行(たかだひろゆき) / 一級建築士

(有)高陽一級建築士事務所

コラム

失敗事例と失敗・後悔しないリフォームのポイント

2020年1月14日

テーマ:リフォーム

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: キッチンリフォーム浴室 リフォーム

お金や時間をかけて行ったリフォームで、後悔するような事態は絶対に避けたいはずです。実際にリフォームを行った人の失敗事例を参考に、後悔しないリフォームを行いましょう。

リフォームでの失敗事例 キッチン編

リフォームで多いのがキッチンなどの水まわりです。主婦など、毎日料理をする人にとってキッチンの使い勝手はとても重要ですが、どんなところに後悔のポイントがあるのでしょうか。

【丸見えのアイランドキッチン】
アイランドキッチンは開放感があり空間を広く使えるので、憧れている人も多いはずです。

しかし、アイランドキッチンはどこからでも見えてしまうのがデメリットです。隠れるところがないので、食べ終わった食器など、すぐに片づけて常にきれいな状態にしておかないと、洗い物などがリビングから見えてしまい、生活感が出てしまいます。また油跳ねや匂いが、リビングなどに及んでしまうこともデメリットと言えるでしょう。

【対面式キッチンで部屋が狭くなった】
壁付けのキッチンから対面式キッチンにリフォームすると、部屋が前よりも狭くなったと感じる人がいるようです。
実際に、対面式キッチンは壁付けキッチンよりも広いスペースが必要なので、LD(リビング・ダイニング)のスペースが小さくなってしまいます。

【食洗機を使わなかった】
毎日の洗い物から解放されたいという思いで、リフォームでは食器洗い機を希望する人も多いでしょう。
食器も二人分程度であれば、食洗器にセットしている間に手洗いできるケースもあります。食洗器は家族が3人以上というのが、購入するうえでの目安と考えてもいいでしょう。

【床下収納を使わなかった】
「せっかく床下収納を作ったのに、毎回開け閉めが面倒で利用していない」「キッチンマットの下になって利用することがなくなった」という声があります。保存食を収納するときなどに役立つ床下収納ですが、普段から使う予定がないのであれば無理に作る必要はありません。

【コンセントの位置が使いにくい】
キッチンのリフォームをしても、コンセントは既存のものをそのまま使うケースも多いでしょう。コンセントの位置を確認せずに工事をして、いざ使おうとしたら電子レンジや炊飯器のコンセントが届かない、なんてこともあります。事前に家電などの使用イメージを考えてから工事にとりかかりましょう。

リフォームでの失敗事例 リビング編

家族が集うリビング。快適に過ごすためにリフォームをしたはずなのに、後悔するポイントがあるようです。

【窓が大きすぎて視線が気になる・暑い】
大きな窓で開放的なリビングに憧れる人も多いはずです。しかし、窓を大きくしすぎたことで道路を行きかう人、また隣接する住居の視線が気になったり、想像以上に日差しが入り暑かったりするケースがあります。

日射、通風、近隣環境などを十分に調べた上で、窓を作る場所、大きさなどをプランニングしましょう。

【リビング階段で部屋が狭く感じる・冷暖房費が高い】
リビング階段にすることで、家族とのコミュニケーションがとりやすくなるなどメリットもありますが、リビングに階段を作ることで部屋が狭く感じるケースがあります。また、冷暖房効率が悪く、電気代が高くなるという意見もあります。

リフォームでの失敗事例 寝室編

人生の三分の一を過ごすと言われている寝室は、良質な睡眠を確保するための大切な場所です。LDKなどと同じように、きちんとプランイングすることをおすすめします。

【東向きの窓で朝日がまぶしい】
東側に窓をつけると、朝日が差し込んでくるので早朝に目が覚めてしまうことがあります。朝が早い家庭であれば快適に起きられて良いかもしれませんが、朝がゆっくりのライフスタイルの場合、早朝から目が覚めてストレスになることもあります。

【リビングの近くでうるさい】
寝室がリビングの隣など、近い位置にあると家族の誰かがテレビを見ていたり、家事をしていたりする音で勉強などに集中できなかったり、眠りを妨げられることがあります。
家族の生活スタイルがバラバラの家庭では、リビングから離れた場所に寝室を作るなど、プライベートな空間(寝室)とパブリックスペース(LDKなど)を分けた間取りをプランニングするのもよいでしょう。

リフォームでの失敗事例 浴室編

【カビやすくなった】
水回りは常にカビの問題がつきまといます。
浴室のタイルを張り替えるリフォームをしたところ、タイルとタイルのパッキンのところがカビやすくなってしまったという声があります。今まで使っていたものと素材が変わるだけで結露やカビが発生しやすくなることがあります。

【せっかく付けた設備を使わない】
リフォームで、ミストサウナやジェットバス、浴室用テレビをつけたけれど、実際には最初のうちしか使わなかったという家庭が多いようです。使わないだけならまだしも、汚れやすい浴室はメンテナンスにも手間がかかるので、本当に必要かどうかをじっくり考えましょう。

リフォームでの失敗事例 トイレ編

【内開きのドアで使い勝手が悪い】
トイレのドアを内開きにすることで、毎回スリッパがひっかかるのがストレスという声があります。
内開きは、高齢の家族がいる家庭は特に注意が必要です。例えばトイレの中で倒れてしまうとドアを開けたくても、中で倒れた人の体が邪魔になりドアを開けられず、助けに入ることができない恐れがあります。十分に注意しましょう。

リフォームで失敗しないためにも焦らず丁寧にプランニングを

リフォームで失敗しないためには、今回ご紹介したような失敗事例を参考に、ライフスタイルを今一度じっくり見直してみることが大切です。

・家族でよく相談する
・リフォーム会社をよく吟味する
・家の間取りや家具の寸法を正確に測りながらプランを立てる
・カタログだけで決めずショールームに足を運ぶ
・実際にリフォームした家を見てみる

以上のことを頭に入れながら、急がずにしっかりとした準備を行ってからリフォームをしましょう。

この記事を書いたプロ

高田博行

家の設計から施工まで一貫して対応できる一級建築士

高田博行((有)高陽一級建築士事務所)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

高田博行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-795-5672

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田博行

(有)高陽一級建築士事務所

担当高田博行(たかだひろゆき)

地図・アクセス

高田博行プロのコンテンツ