まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中野修

女性特有の症状や不妊症の悩みに応える漢方薬剤師

中野修(なかのしゅう)

漢方 新生堂薬局

お電話での
お問い合わせ
048-986-7021

コラム

アトピーの漢方治療と完治までの目安は?

アトピーの漢方治療とは?

アトピーはアレルギー反応の一種と考えられています。そのため、同じ家族内でも一人だけ激しく出てしまう場合もあります。

西洋医学では、現在出ている症状に対しての対症療法となります。そのため、皮膚の炎症がひどければ、ステロイド剤を塗布して炎症を鎮めます。乾燥がひどければ保湿剤にてケアします。また、内服の抗アレルギー薬によって痒みを抑えたりします。

しかし、「アトピー」の根本を治療する薬ではないため、どうしても対応が後追いになってしまうという現状があります。

一方、漢方では、さまざまな効能をもつ漢方薬の中から、一人ひとりにあった漢方を処方していくため、一概に「アトピーにはこの漢方」というものがあるわけではありません。
説明書をみると、「アトピーの症状と関係ない薬」と思われるかもしれませんが、あくまでも「カラダ全体」を考えてのこととご理解いただく必要があります。


効果が出る期間は人それぞれ

治療を開始するにあたって気になるのは、「どのくらいの期間で効果が出るのか」ということだと思います。

これに対しては、病状の程度にもよりますので一概には言えません。もしも、長くステロイドを使用していたのなら、急にやめればリバウンドによって症状がかえって悪化してしまいます。徐々に使用量を減らし、最終的にステロイドなしでもコントロールできるまでとなると時間はかかります。

また、漢方では「カラダ全体の調子を整えることで、不調な部分も正していく」という考え方のため、人によってその期間が異なってきます。

そのため、はっきりとその期間をお伝えすることはできませんが、私どもは病状を見て治療開始前におおよその目安はお伝えするようにしております。

完治を目指して

効果は飲み始めてすぐに実感していただけるでしょうが、もとの正常な肌質になるまでとなると数年かかる方もいらっしゃいます。ただし、漢方によるアトピー治療では、体質改善に取り組むと同時に、成長や環境の変化もプラスすることによって、症状の緩和が早くなるケースが多く見られます。

病院の皮膚科でも、治療の一環として漢方を取り入れることを容認する先生もいらっしゃいます。民間療法の一つと思わずに、もとの肌質をとり戻すための有効な手段として取り組んでいただけたらと思います。

「効かせる漢方」へのこだわり
漢方がはじめての方へ

この記事を書いたプロ

中野修

中野修(なかのしゅう)

中野修プロのその他のコンテンツ

Share

中野修のソーシャルメディア

facebook
Facebook