まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中野修

女性特有の症状や不妊症の悩みに応える漢方薬剤師

中野修(なかのしゅう)

漢方 新生堂薬局

お電話での
お問い合わせ
048-986-7021

中野修プロのコラム一覧

 原因が分からないため本人も周囲も辛い 中高年によくある症状の一つとして、「不定愁訴」が挙げられます。この不定愁訴とは、症状に対応する身体所見が見当たらず、病名がつかない状態を言います。不安や“うつ”のような症状を伴うことが多く、周囲の人への依存や攻撃的な感情が背後に隠れ...

 リウマチではないのに関節が痛い・・・もしかすると、更年期症状 更年期障害は、一般的に45歳頃より起こってきます。イライラしたり、のぼせたり。人によってさまざまな症状が出てくるのですが、意外と知られていない症状があります。それは「関節痛」です。確かに痛みはあるのに、整形外...

 みんなが寒がっているのに一人だけ暑い・・・困った「のぼせ」 「更年期」を迎えた女性のご相談で、最も多いのは「のぼせ」です。何の前ぶれもなく「急に顔が熱くなる」「自分だけ暑がっている」といったもので、「ホットフラッシュ」と言われたりもします。「更年期」とは、45歳から55歳...

 更年期の「不定愁訴(ふていしゅうそ)」 更年期障害は、医学的に正しくは「更年期不定愁訴症候群」と言います。「不定愁訴」とは、カラダの不調があるにもかかわらず、検査しても原因となる病気が見つからない状態を言います。病状を訴えても周りの人からの理解が得られにくく、特効薬も...

 アトピーの漢方治療とは? アトピーはアレルギー反応の一種と考えられています。そのため、同じ家族内でも一人だけ激しく出てしまう場合もあります。西洋医学では、現在出ている症状に対しての対症療法となります。そのため、皮膚の炎症がひどければ、ステロイド剤を塗布して炎症を鎮めま...

 アトピーの原因とは? アトピーとは、ギリシア語に由来した“奇妙な病気”という意味があります。それほどに、現代医学においても特効薬がないアレルギー反応の一種と言えます。アトピー体質の方では、ハウスダスト、花粉、犬猫の毛、卵、牛乳などに敏感に反応して、気管支喘息や花粉症、ア...

 にきびの年代別の特徴 ニキビは年代によって、原因や治療方法が全く異なります。思春期のニキビは、皮脂が過剰に出ることが原因なのに対して、大人のニキビは肌の水分量の低下が原因と考えられています。いわゆる「フェイクスキン(疑似脂性肌)」と言われるタイプです。思春期のニ...

 ニキビはなぜできる? ニキビは、医学的には「尋常性痤創(ざそう)」と呼んでいます。思春期にできるニキビのほとんどは、成長過程における皮脂の分泌過剰と、それによってお肌の清潔が保たれずにできる場合がほとんどです。そのため、きちんと洗顔をすることで快方に向かう場合があり...

 耳鳴りの原因特定は難しい? ある日突然、耳障りな音が聞こえてくる。その音はおさまる様子がない。。。耳鳴りは、日常生活に大きな影響を及ぼし、不眠や精神的ストレスの原因ともなる症状の一つです。そもそも、なぜ耳鳴りは起こるのでしょうか?医学的に耳鳴りは、「外界からの音...

 現代医学の苦手分野「めまい」 「めまい」は、三半規管や耳石がその原因となっていることをご存知の方は多いと思います。三半規管は鼓膜の奥の「内耳」という場所にあり、まっすぐに歩いたり、傾きを感じたりといった平衡感覚に関係する器官です。医学的には、次のような時に平衡感覚...

 漢方による不妊治療の意味とは? 漢方による不妊治療の特徴は、「妊娠しやすいカラダを作る」ことにあります。カラダ全体を調えるため、妊娠のみを目標とする西洋医学とは性質が異なります。母体のカラダ環境を整え、健康に保つことを目指しているため、妊娠後も胎児がすくすく育ち、産後...

 漢方治療によって太った?  漢方の得意分野のひとつとして、「虚弱体質の改善」があげられます。これは、なんとなく身体がだるい、食欲が湧かないといったように、カラダが弱った状態を改善するというものです。「漢方の不妊治療によって太った」という噂は、どうやらここにヒントが隠され...

今回のコラムは少々ネガティブな内容かもしれません。しかし、現代女性の多くが抱える問題として、誤解を恐れずにお話ししたいと思います。 高齢出産と言われる年齢は? 晩婚化と言われる現代では、35歳を過ぎての初産は「高齢出産」と定義されています。では、なぜ35歳を境にそのように定義...

 多くの場合で排卵誘発剤が使われます 不妊治療におけるタイミング療法から、人工授精、体外受精にいたるまで、ホルモン治療のほとんどの場合で排卵誘発剤が使われます。排卵誘発剤は、一度に多くの卵子を取り出すことで妊娠率を高めようとするもので、内服と注射の二つのタイプがあります...

 自然に由来した生薬や鉱物を中心に扱う漢方 漢方薬は、天然由来の生薬によって構成されています。そのため、「漢方は体に害はないからお茶代わりに飲んでも大丈夫」「副作用の心配がない」などといった誤解をよく耳にします。確かに、漢方薬は天然由来の生薬によって構成されていますので...

中野修プロのその他のコンテンツ

Share