まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
藤田淳

信頼の保証・正直な施工・適正価格のリフォーム専門家

藤田淳(ふじたあつし)

生活協同組合 アイネットコープ埼玉

お電話での
お問い合わせ
048-661-1128

コラム

足場無料はあり得ない!?外壁塗装の足場費用の算出法

優良塗装業者の見極め

2016年11月26日 / 2017年3月6日更新


業者に外壁塗装を依頼しようとするとき、たまにですが「足場は無料にいたします」という広告を見たり、営業をかけられる場合があります。

基本的に足場無料ということはあり得ません。今回は、足場にかかる費用や無料とうたう業者の仕組みについてお話します。

外壁塗装をする際、足場を組む理由とは

建物の外壁塗装を行うには、必ずといっていいほど足場が必要になってきます。

足場を組む理由は、高い場所で作業を行う職人の安全を確保するためです。2メートル以上の高所で作業する場合は、足場を組み安全対策を施すことが労働安全衛生法で定められています。

職人を守る理由のほか、品質を担保するため、という理由もあります。きちんと足場を組んで作業環境を整えることが、より良い施工につながります。

そしてご近所への配慮です。足場を組み塗料などの飛散防止ネットを張ることで、隣接する建物に塗料などが飛散することを防ぎます。

足場無料はあり得ない話?

「足場無料」とうたっている業者がありますが、本当に無料で提供しているのでしょうか。

高所作業を安全に行うために、足場の組立て等作業主任者という国家資格があり、資格を持った者が足場の組立てや解体作業の監理・指導を行います。
それゆえ、足場を組む際は資格を有した専門の者に依頼する必要があり、塗装業者がそういった専門業者に依頼すると費用が発生します。

足場費用は15万円ほどが相場となりますので、足場を無料で提供するのは難しいかと思います。

業者の中には、「足場無料」と依頼者に説明しておきながら、一般的な塗料を「グレードの高い塗料」として料金を上乗せして請求するケースもあるようですので気をつけましょう。

「足場無料」と言われたときはラッキーだと思わずに、どこか別の料金が以上に膨らんでいないか確認するようにしてください。

足場を組む際の費用の算出方法は?

足場は、建物から少し離れたところから外壁を囲むように設置しますので、塗り替えをする外壁の面積よりも大きくなります。

そのため、建物面積の約1.2~1.3倍が、足場設置にかかわる面積として予定しておくのが良いでしょう。

足場(+飛散防止ネットを張るなどの養生)の費用は
建物面積(窓やドアなどの開口部を含む)×1.2(1.3)×足場・養生単価

上記を参考にしてみてください。

きちんとした業者であれば、各費用において必要な理由と内容の説明をしてくれます。反対に、何も説明してくれないような業者であれば、依頼するのは控えるようにしましょう。

【 リフォーム専門の生協だからこその安心と満足を 】
外装・内装リフォームは生活協同組合アイネットコープ埼玉にご相談ください。

▶ホームページ http://www.coop.ne.jp/
▶外壁塗装について http://www.coop.ne.jp/service/paint/
▶お問わせはこちら

この記事を書いたプロ

藤田淳

藤田淳(ふじたあつし)

藤田淳プロのその他のコンテンツ

Share

藤田淳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-661-1128

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田淳

生活協同組合 アイネットコープ埼玉

担当藤田淳(ふじたあつし)

地図・アクセス

藤田淳プロのその他のコンテンツ