まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
澤根慎児

働く人と関わる全ての人を応援するカウンセラー

澤根慎児(さわねしんじ)

ヒトらぼ

コラム

新しい環境に飛びこむ

自分を理解するために

2017年5月2日 / 2018年3月27日更新

5月に入り、新年度の生活にもようやく慣れてきた頃でしょうか?

この時期になってくると、新しい環境に慣れるとともに、変化への期待が薄れたり、より高まったり、様々な思いが出てくることがあります。

期待通り、あるいは期待以上であれば、毎日がいきいきとしてきますが、期待とは違ったり、むしろ苦しいことが多い場合は、滅入ってしまうこともあるでしょう。あるいは、周囲からは馴染んでいるように見えても、実は本人はとても苦痛を感じていることもあります。

人は多くの場合、それなりに環境には適応していきますが、適応が苦手だったり、あるいは過剰に適応してしまうことで、心身ともに疲弊してしまうこともあります。

やはりそういう場合は、自分の特徴をよく考えてみる、振り返ってみることも必要になります。仕事であれ、学校であれ、あるいは家族であれ、そこに自分の特徴は大きく影響していますし、周囲にいる人の特徴も大きく影響しています。

例えば、

昔、自分がどんな子供だったのだろう?
どんな物語や、漫画、アニメが好きだったのだろう?
どんなところが好きだったのだろう?

こんな観点で振り返ってみることも、自分を理解するきっかけになると思います。

相談の現場でも、わかっているようでわかっていない、わかっていないようでわかっているのがご自身のことです。

あなたは、自分のことを理解しようとする時間、持てていますか?

この記事を書いたプロ

澤根慎児

澤根慎児(さわねしんじ)

澤根慎児プロのその他のコンテンツ

Share