まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
小倉越子

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

小倉越子(おぐらえつこ)

小倉越子社会保険労務士事務所

小倉越子プロのご紹介

パートやアルバイトなど、非正規労働者の戦力化を支援する社会保険労務士(1/3)

小倉越子社会保険労務士事務所の小倉越子さん

800人を超えるパートの教育担当として、多様なトラブルを乗り越えた経験

 パートタイマー(以下、パート)やアルバイトなど、「非正規雇用」との呼称で分類される人材を多く抱える企業にとって、彼らの戦力化は経営上における大きな課題と言えます。外部の専門家に助力を仰ごうにも、適切な専門家として連想できる社会保険労務士は、その大多数が正規雇用である正社員を対象とした業務に留まります。そんな中、かつて大手小売業に身を置き、実際に800人を超える非正規雇用者の教育担当として勤務。さまざまな人事労務トラブルを経験し、その活用法を熟知するのが社会保険労務士の小倉越子さんです。

 社労士としての観点から見た場合、正規雇用者と非正規雇用者の最も大きな違いは、仕事と自分の生活のバランスの取り方にあります。正社員であれば自分の生活を犠牲にして会社に貢献する部分が少なからずあるものの、パートやアルバイトは自分の生活を大切に働きたいという認識を持っています。雇用形態からすれば当然の話かもしれませんが、雇用する側がそうした認識の違いを理解し、扱いを切り分けて考える必要はあります。

 また、非正規労働者の戦力化や活用に際し、未然に防ぐべきものがさまざまな人事労務トラブルです。もし、トラブルが起きれば経営者や管理者が割く時間や労力は相当で、本来の業務に支障をきたすこともあります。そこで、小倉さんは事前の予防策として就業規則や内規の策定を進言します。非正規雇用者に対して就業規則を定め、事前に提示しておくことは不要なトラブルを回避し、その後の戦力化に貢献することにつながっていきます。

 「事前に労働者側が承諾した取り決めを土台にして話し合うことで、労働者側の理解も得られやすくなります。そもそも、退職しても次の職が見つかりやすい非正規労働者に対し、何の取り決めもないままでは経営的にリスクを背負うことになります」

小倉越子プロのその他のコンテンツ

Share

小倉越子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-839-6975

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小倉越子

小倉越子社会保険労務士事務所

担当小倉越子(おぐらえつこ)

地図・アクセス

小倉越子プロのその他のコンテンツ