まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
小倉越子

パートタイマーの戦力化をサポートする社会保険労務士

小倉越子(おぐらえつこ)

小倉越子社会保険労務士事務所

コラム

労働時間を決めるとき

雇用契約

2015年7月6日

 時間給で働くパートさんの労働時間を決めるときに注意しなければいけないことがかなりあります。主なことは、雇用保険、社会保険、年収制限です。
 雇用保険、社会保険ともに、1か月にある一定の時間数を超えて働くと、法律上当然に加入しなければなりません。加入するとなれば、会社には保険料の半額負担義務が生じますし、加入に伴う事務手続きも増えます。それを承知で保険に加入させても、年収制限のある人だとまた労働時間に上限が出てしまいます。
 優秀な人であれば、社会保険に加入させ社員と同等の仕事をこなしてもらえばいいでしょう。しかし、そうでない人が社会保険加入を希望する場合が多々あります。単身で扶養者がいるような人は、社会保険に加入して少しでも多く働くことを希望します。能力が伴っていれば全く問題はありませんが、そうでない人に長時間働いてもらっても、会社にとってはマイナスとなってしまう場合もあります。
 私が見てきた人の中には、明らかに給料欲しさに無意味な残業を繰り返している人がけっこういました。その人の事情を考えないわけではないのですが、会社としてはきっぱりとした態度で臨むことが大切です。

この記事を書いたプロ

小倉越子

小倉越子(おぐらえつこ)

関連するコラム

小倉越子プロのその他のコンテンツ

Share

小倉越子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-839-6975

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小倉越子

小倉越子社会保険労務士事務所

担当小倉越子(おぐらえつこ)

地図・アクセス

小倉越子プロのその他のコンテンツ