まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
江刺家啓一

イベントから住宅まで、高い技術とセンスを持つ建築家

江刺家啓一(えさしかけいいち)

合資会社 江刺家リファイン株式会社 江刺家工建(セキスイハイム指定工事店)

コラム

輪ゴム鉄砲を入り口にしたイベント

2014年3月10日 / 2014年7月3日更新

作る子供も教える親も減ったけど

引き金を引くと輪ゴムがぴゅっと飛んで行く輪ゴム鉄砲。昭和30年~50年代生まれの男性なら、
ほとんどの人が懐かしい思い出を持っているのではないでしょうか。

西部劇のガンマンや正義の味方に自分をなぞらえて遊ぶことができて、
なおかつ「弾丸」であるところの輪ゴムは当たっても痛くないし、怪我の心配もない。
しかも材料は割り箸と輪ゴムだけ。ちょっと器用な男子なら5分くらいでつくってしまえるものでした。

もちろん今でも輪ゴム鉄砲が廃れてしまったわけではありません。



ネットで探せば丁寧な作り方を掲載したサイトや、
中級者以上がつくる連射式のものまで紹介している動画サイトもあります。
中には割り箸の代わりに木材を使って本物の銃のような外見にしたものもあります。
ここまで来るとさすがに手軽に作ることはできなさそうですが。

とはいえ、おもちゃはおろかスマホのゲームなどで遊ぶのが当たり前になった現在、
輪ゴム鉄砲で遊ぶ男の子も減ったかもしれません。
また、輪ゴム鉄砲の作り方を教えられる親の数も減っているのかもしれません。



つくって遊んで、コミュニケーションにも


だからというわけではありませんが、イベントなどでその楽しみを教える機会を持つことがあります。
写真は小学校でのイベントの様子。作り方を教えたり、輪ゴム鉄砲で的当てをしたり。

やはり手でつくる楽しさはどの時代でも同じなようで、子供たちの顔の輝きもちがいます。
また興味を持って教える/教わるということから今までなかったコミュニケーションが
作られることもあるでしょう。

子供だけでなく大人だって盛り上がります。イベントを主催しているのはPTAの役員などですが、
子供時代の思い出話を披露したり、あるいはちょっとした作り方のコツを教えたりすることもあります。



今まで子供の親として参加していた人の顔に別の面がうかがえたりして、
親近感をいただくこともあるでしょう。
輪ゴム鉄砲という簡単なおもちゃがコミュニケーションの場を提供してくれているのです。

もちろんこうしたことは輪ゴム鉄砲に限らないことでしょう。
例えば竹馬や缶馬、紙飛行機、ペットボトルロケットといった
「自分でつくって遊ぶ」ものにはこうした可能性があります。



そうした意味では身の回りがスマホなどデジタルなものが多くなる中で、
こうしたアナログで手作り感いっぱいの遊びが見直されてもいいのかもしれません。


0

この記事を書いたプロ

江刺家啓一

江刺家啓一(えさしかけいいち)

江刺家啓一プロのその他のコンテンツ

Share

江刺家啓一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7704-9808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江刺家啓一

合資会社 江刺家リファイン株式会社 江刺家工建(セキスイハイム指定工事店)

担当江刺家啓一(えさしかけいいち)

地図・アクセス

江刺家啓一プロのその他のコンテンツ