マイベストプロ埼玉
牧野俊浩

音楽で社会を動かすセラピー音楽家

牧野俊浩(まきのとしひろ) / 音楽家

有限会社文化センターボックス

コラム

健康経営

2022年5月14日

テーマ:健康経営

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

弊社の事業を「健康文化産業」という形で説明をすることがよくあります。
音楽の社会貢献を目標にして現在では大きく分けて以下の二本の柱を掲げています。

①高齢者の介護予防のために独自の手法による「声みがき術」を盛り込んだ「声みがき・歌声サロン」の展開。

日本が高齢化社会に突入したのは1970年といわれています。
いわゆる総人口の7%が65歳を超えた時期ですが、団塊世代である私たちはまだ20代前半の若者集団。「高齢化」という表現に馴染んだ覚えはありません。そして1995年その比率は14%を超え、
まぎれもなく「高齢社会」となります。私は48歳。自分自身の事より、親の世代が古稀を超え始めた事で、その世代への音楽のプレゼントという気持ちで「音楽セラピー」の世界に近づいてゆく事になります。当時参加した「全日本音楽療法連盟」設立イベントは、本当に熱気あふれるものでした。 ただし、我が儘な私は、あまりその本流に乗ることなく、自分自身で開発した「声みがき術」をかかげ、主として「声による癒し」の道を歩いて現在に至ります。
気が付けば、私自身も75歳という「後期高齢者」世代となっていますが、有難い事にお声がけを頂ける施設で、現在も年間50回ほどのワークショップを担当させて頂いています。


②特別支援学校に通う子どもたちに向けたステージ作品の創造と普及活動。

自分自身の「歌い手」としての活動は本年(2022年)で、もう54年目になります。
その間、鑑賞組織として全国に拡大をしていた「全国子ども劇場・おやこ劇場」の趣旨に賛同をして全国で25年以上300ステージほど、延べ、300,000以上の子どもたちに音楽を届けてきました。
現在では、その運動体からは少し距離を置いてはいますが、生の音楽になかなか接する機会に恵まれない「特別支援学校」への出前コンサートは、11年間でやはり250回を数えています。

この二本の柱が目指しているのは「声の健康 心の健康 身体の健康」
これを弊社の企業目標として 本年で39年なんとか頑張ってきました。


「健康文化産業」という言葉に出会ったのは2009年(平成21年)の国土交通省の提言でした。
https://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/kokudokeikaku_tk5_000040.html

弊社もその一端に加わろうとあくせくはしてきたものの、残念ながらその提言はあまり一般化しなかったように思います。

つい先日、5.6年前にお誘いをいただいたあるサイトの担当者から、再びお電話を頂きました。
「健康経営」という聞きなれないフレーズ。
今度は経済産業省絡みで以下のようなコンセプト。
※「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
健康経営は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。※

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/211006_kenkokeiei_gaiyo.pdf

「健康経営有料法人」に認定されると、色々メリットがあるということで、その認証を得るために企業が、税理士さんへの相談が増加中! 弊社の事業をそこに登録しておけば税理士さんを通じて、企業での講演会やセミナーの依頼がはいってきますよ!という有難いお言葉。

少し心が動きましたが、費用対効果の面で、いまのところまだ考え中。

それよりも現在お世話になっている、この「マイベストプロ」でのコラム活用でしばらく様子を見ようという結論に至りました。

ここのところ、弊社でもこのコラムでの発信のありかたを検討している最中。

本日は、現状での概観をお伝えしてみようという事での投稿。
しばらくこの流れがあるかもしれません。「健康経営」というキーワードでアクセスをしてみてください。まあ、それより先に、コロナ禍で痛みつけられた本業のステージ活動が復活してくることを祈る事が先ですけど。

文化センターボックス 
http://bunkacenterbox.com/

高齢者施設デイケアに関してのお問い合わせ
https://rec-navi.jp/result/detail/140
公的講演のお問い合わせなら講演依頼ドットコム
https://www.kouenirai.com/profile/3914

特別支援学校公演 公演回数300回の実績
開催規模 予算に応じて 作品をご相談致します。
http://www.bunka.link/new1.html

この記事を書いたプロ

牧野俊浩

音楽で社会を動かすセラピー音楽家

牧野俊浩(有限会社文化センターボックス)

Share