まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
牧野俊浩

介護予防のために「声みがき術」を提案するセラピー音楽家

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

コラム

随想さらば青春の日々 フーテン旅にいたるまでのいきさつ

随想 さらば青春の日々

2014年9月3日 / 2018年9月24日更新

前回一日目を投稿しましたが、その前にこんないきさつがあったことを忘れてました。
まずはこんな思いがあったのでした。ごめんなさい。このあとに一日目が続くわけです。


**************************************************************************
夢は信濃をかけめぐる
でもって、大学四年生の初夏。
栄養状態が悪くなると、余計に闘志がわいてくるという特異体質の僕。
佐藤真の合唱組曲「旅」を聞いた時から、この野望が疼き出した。
歩けるだけ歩いてみたい!たとえば東海道とか・・・


「そや!信州まで歩こう!」
蒸し暑くなりはじめた6月下旬。下宿で安酒をあおりながら決断。
(体力的に東海道は無理やなと判断)

目的地は信州信濃長野県。白樺湖で合唱団の夏合宿を行うことになったのを機会にその合宿地を目指す事とした。

いでたちは白の絣(かすり)に袴と角帽。
信玄袋をさがしたけど見つからなかったので、当時はやっていた木綿のナップサックを肩にかけ、勿論、足は下駄。

なんともレトロ。(ナップサックは変・・やったかなあ)
当時、応援団だって、もうこんなものを着てはいなかった。
雄弁会という団体には、ちょろちょろ、時代錯誤の風体の輩がいたけれど、僕は、スマートな合唱団員(?)。

いやはや・・・。

思いが昂じると、もう駄目。
嫌がる二級下の後輩を引きずり込んで、二人で信州へ。
といっても奴は、ジーパンに角帽、下駄・・(こっちの方が変!!)

大隈銅像の下から白樺湖まで220キロほど。
旅立ちの前の日には、瞳の奥に燃え立つ炎を感じた。
うん、確かに・・・。下宿の近くの一杯飲み屋でひとり梅割り焼酎をグイグイやりながら夢はすでに信濃をかけめぐり始めていた。

さて・・・以下次号・・珍道中の「旅立ち」
あ、第一日目はすでに登校してましたね。

それでは二日目を次号に掲載します。







私たちは「声の健康 こころの健康 身体の健康」を
サポートする健康文化産業です。
***************************************************
社会を音楽化する研究会ホームページ
http://syaonken.org/
***************************************************
通学形式の「声みがき塾」所沢
http://koe.syaonken.org/voice.html
***************************************************
公式講演依頼はこちらのサイトからお願いいたします
http://www.kouenirai.com/search/detail-200902-3914.html
***************************************************
介護予防ワークショップに関しては次のサイトをご参照。
http://homepage2.nifty.com/artbox2/
***************************************************
Yahoo!ショッピングに出店中の「声みがき術」関連商材。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/box-store/
***************************************************
質問はどうぞお気軽にお問い合わせください。
info@syaonken.org
***************************************************
Facebook登録情報
牧野俊浩 https://www.facebook.com/toshihiro.makino
社音研  https://www.facebook.com/syaonken
***************************************************

この記事を書いたプロ

牧野俊浩

牧野俊浩(まきのとしひろ)

牧野俊浩プロのその他のコンテンツ

Share

牧野俊浩のソーシャルメディア

rss
社会を音楽化する人
2015-04-21
youtube
YouTube
2012-09-24
facebook
Facebook