まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
牧野俊浩

介護予防のために「声みがき術」を提案するセラピー音楽家

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

コラム

「声みがき・歌声サロン」と認知症予防ゲーム・スリーAのコラボはじまりました

音楽セラピー(音楽療法)

2014年8月28日 / 2018年9月8日更新

所沢市「あづま荘」声みがき・歌声サロン

スリーAという認知症予防ゲームのワークショップに参加したのをきっかけに、私自身の「声みがき・歌声サロン」に、ちょっとした指遊びを導入するようにしています。
リズムを大事にするこのゲームのコンセプトは音楽とコラボしやすく、昨日も三拍子を全身で体感しようという試みで、唱歌の「うみ」、「♪うみはひろいな おおきいな・・・」という曲を歌いながら、先ず自分の膝を打ち、二拍目は隣の方の膝、三拍目は目の前でポンと手を叩くという動きを導入。簡単そうに思えますが、実際にやってみると結構まちがってしまうものです。コツは腕だけでリズムを取ろうとするのではなく、上半身全体を動かしながらリズムを取ること。

結構汗だくになってみんなで歌い遊びました。

声みがき術の法則を学び、指を動かし、たくさんの歌を歌うこと。
それが私の「声みがき・歌声サロン」です。
現在挑戦しているシリーズは文化庁と日本PTA全国協議会が選定した「親子で歌い継ごう日本の歌百選」の100曲をすべて歌いきること。
各地で進捗中です。

是非お近くでも企画してみませんか。

所沢市「あづま荘」声みがき・歌声サロン

この記事を書いたプロ

牧野俊浩

牧野俊浩(まきのとしひろ)

牧野俊浩プロのその他のコンテンツ

Share

牧野俊浩のソーシャルメディア

rss
社会を音楽化する人
2015-04-21
youtube
YouTube
2012-09-24
facebook
Facebook