まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

ギャラリー

  • リビングとの仕切りはオープンになり玄関ホールもリ
  • 玄関正面はコートなどの収納です。
  • 玄関です。土間は洗い出し。建具は和紙を張っていま
  • 東面は通風採光のまどと書棚を兼ねたカウンターです
  • キッチン側を見ています。 左が玄関ホール
  • キッチンからリビングを見ています。
  • リビングより玄関階段方向です。
  • 木の色にホワイトのキッチンがすがすがしいです。
  • 所月棚とカウンターは造作です。
  • 階段室にあるサブの洗面化粧台です。
  • 階段からトイレの入り口建具です。
  • 2階は間仕切りの上を開放し大きな空間としています
  • 梁を表し構造が見える空間です。
  • 構造が見える空間は落ち着きます。
  • 階段室の上の窓は風抜き窓です。
  • 2階の洗面トイレ
  • 照明を付けました。
  • 北屋根に天窓が一か所 風を向くことが優先です。

リビングとの仕切りはオープンになり玄関ホールもリ

小さな木の家 東大宮の家

シンプルにつくった小さな木の家です。 浴室や洗面などは2階としました。 「風呂に入ったら直ぐにベッドにいきたい」 「洗濯は2階でしか干さない」 そんな暮らし方ならば洗面浴室が2階でも便利に暮らせますね。 一般的には2階が寝室と子供部屋ですので、1階に比べ面積が小さくなりがちです。 1階と2階で生活の役割が分けられると、バランスのよい上下階の面積となります。 上下階のバランスがよくなるということは耐震的にはとても有利になります。 2階の居室は梁を表し勾配天井として開放感を出しています。 素材は木材においてはほぼ埼玉県産材を使いましたので県産材補助金も埼玉県からいただきました。 内装にかかる素材は漆喰と和紙がほぼ全てです。 漆喰と和紙と杉と桧、昔から普通に使われてきた安心できる素材です。

福田義房

福田義房(ふくだよしふさ)

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share