まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

福田義房プロのコラム一覧:想いはカタチになるんです。

住まいづくりにはそのご家族により沢山のテーマがあります。「頭がよくなる家」「家事が楽しくなる家」「お母さんが機嫌が良いくなる家」こんなテーマもあります。奈良町の家「猫が楽しく暮らす家」

奈良町の家 完成写真UPしました。埼玉の屋根で大切な事は遮熱です。遮熱対策を十分にすれば冬の断熱にも備えることが出来ます。冬の断熱性のだけを考えると夏2階は厳しい物があります。遮熱するとともに出来るだけ風が抜けることを考えましょう。埼玉の夏は風も弱いですが、風...

 住まう人の想いもカタチになるのです。 image_7970.jpg住いは育ちます。いま見返すと4年前の新築当時の姿が少し気恥しく感じます。暮らす人の趣味や感性が「雰囲気」をつくるのです。だから設計の仕事は「つくり過ぎない」事も大切なのです。少し足りないくらいでちょうどいい...

 読んだら捨てる?収蔵する? 大容量な本棚 私の家にも読み終わった本が沢山ありますが、収蔵を考えてこなかったためあちこちに積まれている状況です。もし家族全員が読書派で際限なく溜まって言ったらと考えると恐ろしい状況です。あとから買った本箱はどうしても地震の時の転倒が心配...

 家族みんなの「趣味の部屋」になれば楽しい 「小さなうちはリビングで勉強」ひとりで部屋に籠るのは寂しいし、宿題だってはかどりません。家族の気配を感じながらリビングで勉強する。問題は気が散らないようなレイアウトを考えることです。TVの目の前やダイニングテーブルで...

「子どもの勉強はリビングで」と耳にすることも少なくないですね。お絵かきや宿題などはダイニングに近い場所が良いと考えます。リビングのにぎやかさを感じながら楽しく学べるのではないでしょうか。子どもたちが大きくなったら自分たちのワークスペースとなります。暮らし方に合わせ...

無垢という素材はなんとも暖かく、植物のやさしさを伝えてくれます。子ども達も暖かい素材に包まれ、のびのびと遊んでくれます。大切な事は身近にある当たり前の素材を使うことそして子供が成長した時の事を考え間仕切りなどに可変性を持たせておくことです。汎用性のある空間は建物を永...

 家の中で思いっきり遊ぶ 子どもは外で遊ぶもの・・・確かに私の世代ではそういわれてきましたが公園にあるブランコやアスレチックが家の中にあってもいいじゃない。子ども達の想像力を住まいで刺激お友達との遊び方も住まいの中で考えます。「どうせ小さいうちだけ」かも...

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share

福田義房のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+