まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

福田義房プロのコラム一覧:構造計算

構造計算

2016-12-22

地盤調査結果の見方 家をつくろうとしている方、近年家をつくった方は必ず聞いたことがある地盤調査土の下は見えないのでどのような状況なのか調べることは大切なことです。調査して安全であると判断されれば地盤保証会社が沈下について保証を行います、また問題があっても改良して強...

構造計算

2016-03-21

 建物の重さと基礎と地盤の関係  建物の重さは、その建物の自重DEAD LOAD(固定荷重)と、LIVE LOAD(積載荷重)の和となります。固定荷重とは建物の骨組み、柱や梁の重さから、外壁や屋根の仕上げ材や断熱材、ユニットバスなどの設備の重さです。 積載荷重とは建物の用途により床に乗...

構造計算

2015-03-10

 地震の揺れには軽い建物が有利です。  家づくりを考え始めて耐振性などに興味を持つと「建物の屋根は軽い方が地震に強い」「軽い建物で耐震力アップ」などという言葉を目にすることが多いと思います。感覚的にも理解できることかもしれませんし、私なども簡単に説明するときには「頭が軽...

構造計算

2015-03-04

 耐振性をた高めると工事金額が上がるか? 耐震性能の費用対効果「耐震性能はどのぐらいか」という説明は言葉ではなかなか伝わりません。そのため品確法では平成12年より耐震性能の目安として3段階の表示を行っています。等級1=建築基準法で定める強度    数百年に一度起...

構造計算

2015-02-27

基本に帰りそもそも耐振性とは2 耐力壁はバランスが大切  とにかく壁という壁は全て耐力壁にしてしまえば強い家になるのでしょうか?それは違います。 窓の少ない面では耐力壁が多く窓の多い面では少ないという状況になりがちです。また、浴室やトイレ、洗面など小さな空間があり壁...

構造計算

2015-02-25

 基本に帰りそもそも耐振性とは(軸組み工法)  地震国日本と言われてきましたが最近では大きな風の吹く爆弾低気圧なども建物を大きく揺らします。軸組み工法では地震力や風に対しては軸組全体で抵抗するのではなく、建物の中に配置された耐力壁により抵抗します。柱や梁を太くすれば地...

構造計算

2015-02-20

 住いの耐振性はブラックボックス ①メジャーなハウスメーカーだから耐震性は高いでしょうか?②大手の分譲建物だから耐震性は高いでしょうか?③建築確認許可が出ていれば耐震性のチェックはされているのでしょうか? 答えはどれもNOです。特に③さんにおいて2階建ての建物であ...

構造計算

2015-02-17

 耐震強度を説明するのはいつも難しい。 「この建物は地震の時に建築基準法の強度を満たしているので安全です。」という説明がされたとします。 この説明はある意味では正解ですが前提が変われば不正解となります。正解の意味としては建築基準法で設定している地震強度以下であれば...

構造計算

2012-12-06

建物の重さと基礎と地盤の関係建物の重さは、その建物の自重DEAD LOAD(固定荷重)と、LIVE LOAD(積載荷重)の和となります。DLは建物の骨組みの重さから、外壁や屋根の仕上げ材の重さであり、LDは建物の用途により床に乗せられるであろう生活時の重さ(人の体重も太陽光パネルも)となります。...

構造計算

2012-12-05

あんなボルトで吊ってるだけ?笹子トンネル天井崩落事故ではボルトを固定していた接着剤の劣化が考えられると報じられています。詳細な検証は後日明らかになるでしょうが、個人的には埋め込みアンカーではなくケミカルアンカーが35年前に一般的に使われていたのか疑問があります。今回は定期点...

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share