まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

福田義房プロのコラム一覧:家のしくみ

 プランニングを大切に  耐震強度や温熱環境、デザインも大切なポイントですが、土台は「プラン」です。耐震強度は整合性のあるプランによって高めることができます。 温熱環境、寒い暑いもプランによるところが大きく、夏は風が抜け、冬はお日様がたくさん入る仕組みも、プランニングの配慮...

 薪ストーブを快適に使うために気を付けたいこと。ブログから 坂東市の家 薪ストーブを採用したお住まいが完成しました、完成写真などはおいおいHOで掲載していきますが、今回は薪ストーブ設置時に注意したいことなどをブログに書いてみました。今回の薪ストーブはバーモンドキャスティ...

川島町の北園部 二世帯住宅です。コメントはまだですが写真のみアーキクラフトの完成事例にUPしました。どうぞごらんください!   いつものように地域の杉と檜を構造材から造作材に使い、仕上げ材はほぼ和紙と漆喰だけのお家で、長期優良住宅認定です。 工務店が変わると細部のア...

久々のトピックです。NHK-FM埼玉NHK-FM埼玉51.5Mz 5月25日 18:00~18:50【マイ“ホーム&タウン”物語】 https://goo.gl/HeK8z2土地の力を生かすくらし 地域材の家づくりつてなに?とか お話しします。~内陸県・埼玉にふさわしい家づくり~一級建築士  福田 義房さんNHKさ...

「住む。」という暮らしの雑誌に特集記事で掲載されましたのでご報告テーマは「樹から木、そして家へ」「住む。」は季刊で夏号となります。家づくりというよりは自然な暮らし方を住まいとともに紹介する雑誌で、当事務所の方向性に近いものがあります。今回は先方様よりオファーを...

フィジカルな家づくりのすすめカタログやパンフレットでは無く、生身の体を通して、手に触れることのできる材料を通して住まいをイメージしてもらう。スマートでは無く、とてもフィジカルな成りたちの家となる。そういうことをひとつひとつ経験していくと時間も手間もかかるけれど、「...

シンプルに暮らす小さな木の家お子様2人にご夫婦 子育て世代のお家26.40坪とコンパクトですが空間は大きく広がります。ストーブを入れたり、書棚にしたりみんなが集まるリビングです。将来にわたり大きすぎることなく、もてあますことなく、暮らせるサイズつてあると思います。

上のイラストがお家になりました。蜜柑の木の家鳥や蜂もそう、キツネもタヌキも虫も動物も身の丈の家をつくります。背伸びすることなく手に入る材料でほどよく家族が納まるシンプルな住まいです。特に主張しなくても我が家らしい個性が少しだけ社会に零れ落ちる。自然に...

蜂、雀、ウサギもそう。動物たちは子育てをするために巣をつくります。大きすぎず、小さすぎず、身の丈に合わせた家族が安心して暮らせる大きさです。自分らしい大きさ、自分達家族に相応しい大きさはライフスタイルで様々です。ライフスタイル、暮らし方と住まいの大きさは経済的なこ...

今日提案したプランの一部です。最終プランはプライバシーもあるのでなかなか公開はできませんがこれは初期プランの一部です。こんな感じで打ち合わせを重ねながらオーダーメードの住まいを考えていきます。このプランの特徴は南側の土間と洗濯室を兼ねたサンルームキッチンはコンロと...

住むということ住むということは、街並み、人とのつながり、風景、それらを作り出していくということそのとき家は、住まう人の個性を少しだけ主張しながらも街並みに溶け込む。まるで以前からそこにあったように。そのぐらいがちょうどよい。そう思うのです。住まいのたたずまい...

 土間は収納場所であり、通路であり、作業場所でもあるのです。 土間 かつて農家にとっては農機具置き場であり、作業場であり、台所でもありました。町屋においても奥深い家の裏庭と表を繋ぐ通路とし、収納場所や台所として使われてきました。 この家にも土間があります。...

 神様が近い家  人々が穴倉から抜け出し、生活のための棲み処を建てるようになった古代、竪穴式と言われる棲み処を持つようになったころから日本の住まいには柱がありました。それは空間を構成する部材というよりは「住まい=暮らし」を支えるシンボルとして存在し、ひとびとの様々な思い...

 全室南向きがよいですか? 3LDK全室南向き 仕事柄日曜日に入ってくる不動産屋ハウスメーカーのチラシは一通りチェックします。今日は(3LDK全室南向き、全室からバルコニー南テラス窓)という建売住宅のコメントがやけに引っかかりました。 寒い日の窓辺の朝日は格別です。...

気持ちが落ち着く要素があるか。大切なもの、愛着のあるものを身近に置き家族の歴史を歩んできました。住まいが替わっても趣向は変えられない。良質な素材にこだわりながらも気持ちが落ち着く空間を望みます。通常は塗装をしないアーキクラフトですが今回は無垢材の塗装仕上げで...

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share

福田義房のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+