まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

福田義房プロのコラム一覧:山と材木

山と材木

2016-11-20

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時   2016 11月27日(日)10:00~14:00■場所:協同組合彩の森とき川 埼玉県ときがわ町西平2548-5地内埼玉県■申し込み:■費用:参加費1000円/人(子供無料) 軽食付き ...

山と材木

2015-11-26

 伐採イベントのご報告 22日の日曜日伐採見学会 埼玉県ときがわ町の協同組合彩の森とき川で行われました。60年から80年の杉を伐採しました。高さも25mはあるので迫力もあります。来年の家づくりに使われます。 都市の利便性の中に暮らしていても自然を感じていた...

山と材木

2014-11-18

恒例の秋の伐採イベントを埼玉県ときがわ町で行いました。主催は彩の森とき川協同組合です。 80~100年物の杉を倒しました。長さは20~25mほどでしょうか春になったら皮を剝いて来年の家づくりに使います。柱で使うことが多かったけれど今回は梁で使ってみようと考えています。 ...

山と材木

2014-06-30

 雀に学んだ住まいづくりだ! ウッドマイレージという言葉があります。 1本の木が海外から建設地に届くまでの距離、その間に要するエネルギー、排出するCO2について考えようという概念です。食卓に並ぶ野菜などではそれ以前から「フードマイレージ」という言葉が使われてきました。余...

山と材木

2014-05-16

皮むきイベントのその後TOKYO FMのクロノスから取材依頼を頂きインタビューにお答えさせていただきました。地域材を使う理由や子育て世代の家をメインにつくる理由についてなどお話ししました。FMラジオで放送後、TOKYO FMのwebサイトに掲載されていますのでご覧いただけると嬉しいです。...

山と材木

2014-04-28

 4月27日(日)「協同組合彩の森とき川」とアーキクラフト主催による「丸太皮むき体験」を行いました。アーキクラフトからはOBの方々と新しく設計中の方、NPOの仲間たちが参加しました。イベントは昨年11月に西平地内の山林で伐採された杉の丸太の皮を人力でむくことで、実際に家づくりに使...

山と材木

2013-11-07

 秋なので秋の味覚「栗」からカーボンニュートラルを考える 食欲の秋、味覚の秋と秋は美味しい自然の恵みが沢山ありますね。特に栗は大昔から日本人に愛されてきた秋の味覚のようです。先日青森県の「三内丸山遺跡」(縄文時代前期~約4300年前)の調査結果の一部を読みました。この遺跡に...

山と材木

2013-08-26

イベント報告 堂平天文台 木工教室 開催しました。 朝起きたら山の頂上の天気はまるで嵐どうなることかと思いましたが、急速に天気は回復し10時15分の開催時間にはみなさん山のてっぺんまで無事にたどり着きました。ここは標高大体800mと聞いています。軽井沢と同じぐらいとか間伐材の...

山と材木

2013-07-27

 「踏み台で感じる ときがわの山の過去と未来」  地域の間伐材を使った夏休み木工教室です。8/25日(日曜日) 10:30 ~15:30ときがわ町の堂平天文台で小学生対象の木工教室を行います.間伐杉を利用したこの「踏み台」は、地球環境を考える大きな階段を上るための小さな一段目。子ども...

山と材木

2013-07-11

木材の性質を知って家づくりを楽しもう。02 広葉樹VS針葉樹 坂戸のお家住まいの床と言えば、無垢板のフローリングに敵うものは無いと思っています。日本人は家の中では靴を履きませんね、寒くて我慢できないとき以外はスリツパも履いてはいけません。家庭内事故の階段踏み外しや、コードに...

山と材木

2013-05-13

 春の皮むきイベント 開催しました。 イベントのご報告 2家族の家を支える大黒柱の皮を剝きました。冬に伐採した100年杉です。 ただ楽しみのためのイベントではなく、世代を超えて家を継いでいくためのひとつのきっかけづくりです。家の物理的な耐久年数を競うことはあまり重要なこと...

山と材木

2013-05-11

 明日は春のイベントです! 磨き丸太をつくろう!人力皮むきイベント冬に木を伐り、春に皮をむき、夏に家をささえる。 ここ何年か継続しているイベントです。ただ楽しみのためのイベントではなく、世代を超えて家を継いでいくためのひとつのきっかけづくりです。家の物理的な耐久年数を競...

山と材木

2013-02-23

 「暮らしの思いで」=「住まいが子供にできること 山に行きました。小さいのも小さいステップで登ります。大きくなっても覚えていてくれるといいな。たぶん覚えてくれているだろうな。「家づくりの思いで」=「暮らしの思いで」=「住まいが子供にできること」伐採時期としての旬は過ぎ...

山と材木

2013-01-24

1.20の皮むきイベントが埼玉新聞に紹介されました。このように紹介されることで、地域の山林に、地域の職業に、木材の使われ方に興味を持つ人が増えればいいなと思います。暖かくなったらもう一度皮むき体験をやろうと考えています。告知しますのでみなさん体験してみてください。このようなイ...

山と材木

2013-01-21

去年の秋に伐採した杉の木を山から曳き出し、みんなで皮を剥きました。100年からの大きな杉の木からは、大きな梁が4本に柱が一本、後は板材が取れました。 いよいよこの材木を使った工事が2月よりはじまります。建築地はここから約一時間の川越市内です。ほとんどすべての木材をこの周辺で調...

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share

福田義房のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+