マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ) / 建築家

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

コラム

一つ屋根の下

2019年11月5日 公開 / 2019年11月9日更新

テーマ:実例集

コラムカテゴリ:住宅・建物


うさぎ、キツネ、雀達
動物は身の程の巣をつくります。
大きすぎることなく、小さすぎない。
ほどよく暮らし、ほどよく家族が納まります。

ほどよく小さな住まいは住む人の個性が少しだけ社会にこぼれます。
自分達の手足のような感覚の大きさは地に足を付けた暮らしを営む等身大の家です。

一つ屋根の下に住む家族の気配もがよくわかります。
違うことをしていても近くにいる気配
ほどよい大きさは家族の気配を、意識しない安心を伝えています。
郊外型の文字通リ「一つ屋根の下」の住空間です。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(アーキクラフト一級建築士事務所)

Share
関連するコラム