まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

コラム

家づくりはプランニングが一番大切

家のしくみ

2018年5月21日

プランニングを大切に

耐震強度や温熱環境、デザインも大切なポイントですが、土台は「プラン」です。耐震強度は整合性のあるプランによって高めることができます。
 温熱環境、寒い暑いもプランによるところが大きく、夏は風が抜け、冬はお日様がたくさん入る仕組みも、プランニングの配慮によります。
 平面的な計画だけではなく立体的にとらえ3次元をイメージしながら組み立てていきます。このファーストステップの時間をとても大切にしています。



イメージの共有が大事

 イメージを伝えするためにイラストや模型を使い、思い違いのないように努めています。プランニングは四角い部屋の組み合わせではありません。そこに住む家族の暮らしを思い描き、イメージしていきます。
 お手伝いしやすくどこからでも手が出せるキッチン、デッキに干した布団へ飛び込む子供たち。気持ちよく本が読めるちょっとしたコーナー。上り下りが楽しくなる階段など、描いて消して描いて消して、納得のいくものに育てていきます。



あなたが主役の「プランニング」

 設計者だけがプランニングするのではありません。あなたにも積極的に参加していただきます。
あなたが住まいに求めるであろう要望の数々がプランニングのスタートであり、ゴールなのです。
 ゴールにたどり着くまでには何かと問題も起こるものです。優先順位をつけてあきらめるものもあるでしょう。時間や費用の相談もしなくてはなりません。最終的に判断をするのはあなたなのですが、設計者として多くの家づくりに携わった経験を活かし、問題解決のお手伝いをしていきます。



たった一つの「プラン」

 どんなに小さな住まいでも、2つとして同じプランはありません。
敷地条件が違い、住む人が違えば暮らし方も違うのですから同じになりようがありません。沢山のプランをつくることは可能ですが、あなただけの、たった一つの「プラン」が必ずあります。それを見つけるのがプランニングです。
 たった一つの「プラン」はそうそう簡単に見つからないのです、だからプランに時間を掛ける,掛かってしまうものなのです。
プランニングに時間を掛けましょう!

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

福田義房

福田義房(ふくだよしふさ)

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share