まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

コラム

オーダーキッチンのつくり方 4 シンク下収納

オリジナルキッチンのすすめ

2014年11月13日 / 2014年12月2日更新

オーダーキッチンのつくり方 4

シンクの下の使い方
シンク下はシステムキッチンでは大きな引き出しや開き戸収納が多いですね。
大きな引き出しも使いやすい物ですが、キッチン単体での使い勝手だけでは無く、ダイニングとの関係性やお手伝いなど暮らし方に焦点を当てて考えてみるとまた違うスタイルが見えてきます。

キッチンは料理するだけではありませんね。
片付けや配膳など料理以前から料理後の事も考えたいところです。
特にシンク側はダイニングに近くなることが多いため配膳や片付けの動線を考えてみたいスペースです。





キャスター式のワゴンの便利なところは、天板が配膳スペースや片付け物のスペースになるということです。
サブの調理台としてお手伝いにも活躍してくれます。

ここに頻繁に使う食器を入れておいてもいいですね、お手伝いに奥まで行かなくてもダイニング側から取り出せます。
シンク側ダイニング側から両方から取り出せてもいいですね。

キッチンには本来配膳スペースを考えたいものですが、カウンターキッチンでない場合はなかなかスペースが取れません。
そんなときはキャスターワゴンが便利です。

すこしの便利が毎日になるとすごく便利になるかなと考えています。
関連コラム
オーダーキッチンのつくり方1 コンロの下は?
オーダーキッチンのつくり方2 シンクとコンロの間は
オーダーキッチンのつくり方3 コンロの高さは?
オーダーキッチンのつくり方4 シンク下収納は?
オーダーキッチンのつくり方5 シンクの位置は?
オーダーキッチンのつくり方6 シンクの形は?
オーダーキッチンのつくり方7 吊戸はどうする?
オーダーキッチンのつくり方8 カウンターを考える
オーダーキッチンのつくり方9 家電収納の納まりは?
オーダーキッチンのつくり方10 ダイニング側は?

木でつくるシンプルキッチン

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

福田義房

福田義房(ふくだよしふさ)

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share

福田義房のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+