まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

コラム

埼玉でつくるオーダーキッチン

オリジナルキッチンのすすめ

2014年4月10日 / 2014年12月2日更新

埼玉でつくるオーダーキッチン


アーキクラフトではオリジナルキッチンをよく作ります。
システムキッチンの機能性などをよくわかっていただきその上での選択です。


川越 優の家 オーダーキッチン

「今日のご飯は何にしよう」「こうしたらもっとおいしいかも!」
キッチンでは考えることが沢山あります。
「創造力」がいるのです。

 キッチンメーカーのシステムキッチンは確かによく考えられています。
ただその人のために作られたものではありません。
器から、調味料。包丁に至るまで収納場所を指定され、片付け方まで考えられて、もはやそこに創造性はありません。
人それぞれなのはわかりますが、何だか使い方に工夫の余地がないって寂しく思うのです。



「普通はこうあるもの」と言う固定観念に縛られた最大公約数的なシステムではなく、もっと自由になってもいいと思います。

居心地がいいキッチンがその人にとって使いやすいキッチンなのだと思います。
まず考えることは、オープンタイプや、クローズなどのスタイルではなく、「暮らし方」なんです。
生活する上での価値観を整理してみるとおのずとスタイルは見えてきます。

 直接調理に関係のないことからも大切な事です。
家族の価値観や食事に対する考え方、子育て、家族構成などです。調理し、配膳し、食事をして片付ける。一連の行為の中にもそれぞれの家族の暮らし方があります。

 誰かがキッチンに立った時に、「手伝う」「会話をする」「相談をする」など実際の調理以外で家族の関わりが発生するのがキッチンと言う場の特異性だと思います。
だから人が集まれるキッチンが好きです。
アイランドも大好きです。



 家全体のプランニングの都合からオープンタイプ・クローズ・セミオープンと先にスタイルが決められてしまう場合が多いようですが、「暮らし方」から考えたその家族に相応しい居心地のいいキッチンがあるはずです。
オリジナルなキッチンが既製品のキッチンに比べ優れているとは言えません。
引出しの調子が悪くなったり、傷が付いたり、汚れが付きやすかったり、不便な面もあると思います。

 でも誰かが毎日たつ必要がある場所です。
日常の時間が少しでも居心地がよくなるのであれば、じっくり考える価値はあると思います。

関連コラム
オーダーキッチンのつくり方1 コンロの下は?
オーダーキッチンのつくり方2 シンクとコンロの間は
オーダーキッチンのつくり方3 コンロの高さは?
オーダーキッチンのつくり方4 シンク下収納は?
オーダーキッチンのつくり方5 シンクの位置は?
オーダーキッチンのつくり方6 シンクの形は?
オーダーキッチンのつくり方7 吊戸はどうする?
オーダーキッチンのつくり方8 カウンターを考える
オーダーキッチンのつくり方9 家電収納の納まりは?
オーダーキッチンのつくり方10 ダイニング側は?

木でつくるシンプルキッチン

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

福田義房

福田義房(ふくだよしふさ)

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share