まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

コラム

太陽光発電は今乗せるべきですか?

家のしくみ

2014年1月24日 / 2014年7月3日更新



太陽光発電は乗せるべきですか?





みなさんエネルギーについては日々の生活に直接かかわることなので関心ごとですので、住まいの計画段階ではよく話題になります。

 エネルギー問題は住宅においても避けては通れない問題ですので、常に頭の中にあり、私の頭もふらふらしていますが、最近の答えはこうです。

 今後バイオマスや太陽光発電はスタンダードになる方向に世の中は向かうと考えています。
しかしまだ価格が高い、効率の面でもまだまだ改良の余地があるようです。
そう考えるとたとえば20年後、30年後、住宅ローン完済後のタイミングで搭載してもようのではないかと思います。

木の断熱材

 もちろん余裕のある方は今すぐにでも載せていただき、自然エネルギーを活用して頂ければいいと思いますが、新築時いきなりフルスペックにする必要もないのではとも思います。

 将来お金がたまったらその時効率の良い省エネ設備を搭載する。補助金も無くなっているかもしれませんが、確実に設備は安くなり、効率も上がっているはずです。

 まだまだ、太陽光発電は補助金を考えても圧倒的にコストパフォーマンスは高いのです。



 それよりはその費用対効果の高い省エネ設備に充てることをお勧めしています。
効果の高いとは、高性能の断熱材の使用や、木製サッシ、樹脂サッシ、遮熱ガラスの装備などです。
まず新築時は建物の基本性能をできるだけ上げる。

 建物の基本性能を後で上げることは費用を含め現実的ではありませんが、屋根形状だけ当初から検討して置けば、太陽光設備はいつでもすぐに乗せることが出来るのですから。

その高い基本ベースの上で乗せれば省エネ効率も良くなります。
つまり将来的なオプションとして太陽光を考えるのが得策ではないかと説明しています。

いつまで続くか判らない補助金制度に振り回されるのもどうなのかと思います。

自然素材系断熱材コラム

薪ストーブで暮らす

パッシブハウスとスマートハウス

シンプルな木の家を提案しています。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

福田義房

福田義房(ふくだよしふさ)

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share