まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
福田義房

環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
049-234-5312

コラム

食器棚の中は見えたほうがいい?見えないほうがいい?

オリジナルで行こう!

2013年10月5日 / 2014年7月3日更新


キッチンとダイニング&リビングの位置関係にもよりますが、食器棚の中が見えて方がいいか見えないほうがいいか気を使います。

上の写真は食器棚はリビングからは見えないので透明ガラスの丸見えをお勧めしました。
どこに何があるのか一目でわかり便利ですね。
ただ日常毎日使う場所なので、いつも置く場所は一緒で見えなくてもいいという考えもあります。
食品を入れなければ、紫外線の影響もないので、使う人次第ということになりますね。

こちらはダイニングから見える食器棚です。
板の建具よりは軽く、明るく感じるガラス建具ですが、丸見えなのはどうかと思います。
曇りガラスという選択もありますが、こちらは少しパターンが大きいデザインガラスとしました。
少しレトロな感じにもなりますね。

このようにガラス一つでも透明から曇り、霞ガラス、和紙入りガラス、その他のデザインガラスと選択肢は沢山あります。

埼玉に住むがテーマです。
アーキクラフトアーキクラフト一級建築士事務所
お試しプラン作成行っています。お問い合わせください。
プラン作成

問い合わせ:craft@hkg.odn.ne.jp
TEL:049-234-5312 代表:福田義房
ブログ[[窓の散歩道 http://tatuoyamayama.blog86.fc2.com/]

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

福田義房

福田義房(ふくだよしふさ)

福田義房プロのその他のコンテンツ

Share

福田義房のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+