まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
荒田麻紗子

婚活に特化した心理カウンセラー&仲人

荒田麻紗子(あらたあさこ)

アモーレ結婚相談所

お電話での
お問い合わせ
048-797-6817

コラム

婚活でのラインの活用術。適切な頻度、気をつけるべきことは?

婚活

2017年11月13日 / 2018年1月17日更新

今やほとんどのスマホユーザーが、LINEアプリをコミュニケーションツールとして使っています。

ひとつの画面で、相手とのやりとりの履歴がわかるのが魅力です。また、ひとつの画面で、チャットで会話するため、リアルタイムにコミュニケーションを繰り広げられるのも魅力です。

結婚相談所で紹介されたお相手や、婚活パーティーでカップルになった方と、LINEで連絡を取り合うようになることも多いです。

友達とのやりとりなら遠慮はいりませんが、婚活のお相手となると勝手が違い、それなりのアプローチやマナーがあります。

特に気をつけるべきことは、タイミングと頻度ですが、文体やボリュームなど気配りの必要な点は多いです。今回は婚活におけるラインのマナーについてお伝えいたします。

ライン交換の仕方

ラインを使うと「お友達登録」をした相手と、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を教えることなく、電話ができたり、メッセージを送れたりするのでとても便利です。

ID交換をしたことを後悔したら、最終手段としてブロックするという手もあります。

お友達登録の仕方には次の4つの方法があります。

■ふるふる
位置情報サービスを利用した登録方法です。ラインアプリの「ふるふる」画面を表示すると「隣にいる友達といっしょに端末を振ってください」と表示されます。それだけでお友達登録が完了します。ただこの方法にはややクセがあり、失敗したり、まわりの人を一緒に登録したりてしまうことがあります。

■QRコードを使う
スマホアプリの友達追加画面からQRコードを選択すると、すぐにカメラが起動し、そのカメラで相手のQRコードを読み取れば完了です。

■IDや電話番号で検索する
離れた相手とのやりとりにも使える方法です。自分のIDを相手に伝え検索してもらう方法です。または電話番号で検索することもできます。

連絡先を交換する段階でスマートに進められるように、これらの機能を知っておくと良いでしょう。

メッセージを送るタイミング

メッセージを送るタイミングは深夜や早朝はNGです。マナーモードにしていない場合は睡眠の邪魔をしてしまいますし、常識がないと思われる可能性があります。

これは友達や家族間でも同じだと思いますが、それよりもワンランク上の気配りを心がけると良いと思います。最初のうちは、仕事中と思われる時間を避け、夜のリラックスしている時間帯に送るのが良いでしょう。

ラインを交換して間もないころ、まだお付き合いも「お試し期間」の頃は、相手からのラインがいつ来るかソワソワすることもあります。しかし、相手も同じだとは限りませんので、冷静に対応したほうが良いといえます。

たとえば相手からのメッセージに速攻リターンするのも考えもの。待ち構えていたような印象を与えてしまいます。お相手もすぐに返信があって嬉しい場合もあると思いますが、「がっついている」と思われる可能性もあります。

かといって、長時間放置したままだと、相手のテンションが下がってしまいます。既読がついているのにしばらく返信がないのは印象が悪いです。早くなりすぎず、遅くなりすぎず、相手の返信のタイミングに合わせるか、数時間置いてから返信するほうが好ましいと思います。

送りすぎ、連投、催促は避ける

ラインを交換するくらいですから、お相手があなたに興味を示しているのは確かです。しかし、「ためしに会ってみようか」くらいの軽いテンションのお相手に、メッセージを送り過ぎると負担に感じられ逆効果かもしれません。

まだ正式にお付き合いをしようと決めていない段階から、頻繁にメッセージのやりとりをするのはお勧めしません。

相手から返事が来ないうちに続けてメッセージを送ったり、1つのメッセージに複数の要件や質問を盛り込んだりするのも避けた方が良いと思われます。また相手から返事が来なくても、催促をするメッセージは送らないようにしましょう。

相手に合わせた文体を使う、スタンプの使い過ぎに注意

婚活の相手は正しい日本語を使うべきです。

「おはよーございまーす」「あざーす」など友達同士でやりとりする言葉を使う、軽い印象を与えてしまいます。小文字の多用もやめたほうが無難です。

基本的には敬語ですが、相手に合わせることも大事です。ちょっとくだけたメッセージには、親しみやすいメッセージを返すことがあってもいいと思います。
スタンプも相手の使う量に合わせて上手に使いたいもの。しかし「ありがとう」「ごめんなさい」など、気持ちを込めるべきメッセージをスタンプだけにするのはおすすめできません。

ラインなどメッセージでのやりとりは、会って話したり、電話したりするのと違い、空気感が伝わりにくいため、誤解を与えてしまうこともあります。

送る前に、相手の身になって自分のメッセージを読み返してみることも必要だと思います。
見方によってはぶっきらぼうに感じられるものもありますし、ハートマークなどをうっかりつけていると、相手を舞い上がらせてしまうかも知れません。

誤解や不快感、プレッシャーを与えないよう、適度な距離をとりつつ、コミュニケーションをとることが大切です。


恋愛・結婚・婚活に関する個別のお悩み相談も行っています。お悩みの方は、良かったらお話ししましょう!
詳しくはこちら

この記事を書いたプロ

荒田麻紗子

荒田麻紗子(あらたあさこ)

荒田麻紗子プロのその他のコンテンツ

Share

荒田麻紗子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-797-6817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

荒田麻紗子

アモーレ結婚相談所

担当荒田麻紗子(あらたあさこ)

地図・アクセス

荒田麻紗子のソーシャルメディア

instagram
instagram