まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
本間香

女性が求める住まいを形にするママさん建築士

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

コラム

さいたま子ども食堂・第48回・ホウ先生の韓国語教室&手作り餃子!

2017年10月13日

10月7日(土)に開催されたさいたま子ども食堂は、
ホウ先生(韓国人)による韓国語教室でした。
回を重ねるたびに、子供たちは自分の名前を韓国語で書けるようになったり、
韓国の童謡が歌えるようになり、その成長は見事な物です!











 
実は今回の韓国語教室にはもう一つ楽しみな次回の企画が待っているのです。
改めて告知いたしますが概ねは、
独立行政法人 国立青少年教育振興機構主催のH29年度日韓大学生討論会のうち1日を、
さいたま子ども食堂で受け入れることが決まり、11月3日に当地で開催されるのです。
そのお迎えに韓国語のネームプレートをつけたり、歓迎の歌が歌えらたらと思う次第です。
 
さてさて・・・ご飯はというと、一番人気の手作り餃子です。

ボランティアに参加してくださったちなつちゃん・しほちゃん・ゆみちゃん・みさきちゃんが、
みんなに教えてくださいます。
この1時間前に彼女たちは、私から餃子作りの特訓をうけています(笑)






 

いただきますは、今日が誕生日だったレイ君お願い致しました。



一番たくさん食べたダン君はなんと71個!!!
2番目のリュウ君も65個。
みんな本当に餃子が大好きです。





 
 
子どもも大人も真剣になるじゃんけん大会、そして変顔記念撮影、
この日も大盛り上がりでした。






 
この日も、
川口市の光秀寺さんから頂いた果物がじゃんけん大会の景品になり、
さいたま市浦和区の雨宮さんからいただいたお米、
さいたま市緑区の山川さんからいただいたゴーヤで佃煮を作りみんなで食べました。
皆様ありがとうございます!
ゴーヤを食べたお兄ちゃんは、「これは事件だ!」と(大笑)作り甲斐がありますね。







 
 
 
次回は10月14日(土) 夕方5時から
勇先生の防災教室・防災生き残りクイズをおこないます。
ご飯は子どもたちに作ってもらう五目アルファ化米と缶詰、豚汁です。
どしどし応募してください。
みんなで一緒に美味しいご飯と楽しい時間を過ごしましょう。
 
■食べに来たい人・お手伝いしてくださる人は下記フリーダイヤルでお願い致します。
0120-789-720  藍建築工房まで

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

本間香

本間香(ほんまかおり)

本間香プロのその他のコンテンツ

Share

本間香のソーシャルメディア

facebook
Facebook