まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
本間香

女性が求める住まいを形にするママさん建築士

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

コラム

手紙の書き方・お金の出し方・お箸の持ち方・・・

夢を形に。

2017年8月27日

先日行われた 「 EXPO 埼玉 住まい 2017 」
藍建築工房は本当に微弱な会社ではありますが、志は山のように大きな会社だと思い、
出展させていただきました。
その折に出会えたお客様や業者の皆様と少しづつ輪が広がっています。

そんな中の一コマに、とある庭園業者様から一通のお手紙をいただきました。
その文面からは社交辞令ではない暖かさと今後の夢の共通がありました。
また、2枚の便せんの後に1枚添えられた真っ白な便せんに、
手紙を出す作法を教えてもらった子供時代に一気に帰りました。

レストランやスーパーなどでお金を支払う時には、
お金の表(顔がある方)を揃えて出しなさい。とか、

お箸右手で持ち上げ左手を添えてさらに持ち直すこととか、

今では口うるさく思われて誰も教えてはくれないことかもしれません。
というより、一度も教わらずに歳を重ねていることが多いかもしれません。



先日のテレビ番組、プレバト才能ランキングで、
九谷焼のお皿、20万円相当に何を盛り付けるか?というお題がありました。
ロバート馬場さんは、見事に旬の魚3点盛りを龍が泳ぐお皿を見せつつ盛り付けました。
お題が出された時に、私もお造り3点盛りかな…と思ったので、嬉しかったです。
旬は何か、器をどれにするか、どう盛り付けるか、とても大切なことです。
陶芸家としてカフェの料理人として、こんな顔も持ち合わせるので(笑)
まだまだ勉強したいと思う世界です。

そして、親や大人に教えてもらった些細な事ですが、
大切なことをもっと【大切なこと】として子供や身近な人に残していけたらと思います。

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

本間香

本間香(ほんまかおり)

本間香プロのその他のコンテンツ

Share

本間香のソーシャルメディア

facebook
Facebook