まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
本間香

女性が求める住まいを形にするママさん建築士

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

コラム

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①

中古住宅の査定

2015年5月27日 / 2018年8月18日更新

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。
査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味して売却価格を設定するものです。
もしくは、リフォームを必要とする箇所やリフォーム価格を設定することもあります。

先ずは内部編です。
今回の住宅は鉄骨住宅であったため白蟻の被害はありませんでした。
※ 白蟻被害の模様はまた別の機会にお伝えします。

売主様はこの住宅の間取りや環境・構造の強さに自信を持っておりました。
更には、家に対する愛情が大きなもので「物ではなく者」の感さえありました。
私も住宅を見るときに、必ず箱や器としてではなく、
そこに住む方の舞台・共に歩む一員と思って入ります。
その感性は売主様と共通するものがあります。
「KAOさん、(本間のこと)しっかり仙台の家を見てきて!感想聞かせて!」
大きな宿題でした。
ですが、この気持ちと査定は違います。
公平であり、厳しい目、プロの目が必要になります。

一番は、つなぎ目です。
床と柱、柱と梁などの構造が変わるところがずれていないかをみます。
室内の壁と天井のつなぎ目の写真です。
入墨出墨、各居室等の全てを確認しました。
どこにもゆがみ1つなく合格点です。
あれだけ大きな地震を4年前に経験した住宅とは思えませんでした。







2番目は、建具のゆがみです。開き戸引戸共に確認します。
枠が柱や壁からずれていないか?枠と建具にずれがないか?
上部と下部の隙間も確認します。
何度も開け閉めさせていただき確認します。
こちらも全く問題がありませんでした。





3番目は造り付け家具などのゆがみです。
これらは表面上のあつらえですからゆがみが分りやすいのです。
こちらも全く問題がありませんでした。




②に続く。


■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

本間香

本間香(ほんまかおり)

本間香プロのその他のコンテンツ

Share