まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
本間香

女性が求める住まいを形にするママさん建築士

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

コラム

桶川市・雨漏りリフォーム工事②

中古住宅をリフォーム

2014年7月5日 / 2018年3月29日更新

雨漏りについては、
よく 『 水が走る 』 『 水との追いかけっこ 』 
という言葉を使います。
それは、雨漏り箇所から直線に水が漏るのではなく、
不思議な経路をたどり、どうしてここに?
と思うところに水が漏ったりすることと、
梁や勾配や材質によっても、
漏る場所が変わったりもします。
あちこち壊してようやく原因究明できることも珍しくありません。

さらに、一つ原因をつぶしてもまた雨漏りしてしまい、
次の原因を探すこともあります。
目に見える状況だけでは原因究明が難しく、
雨漏りの度に駆けつけることも多いからです。


桶川市でバレエ教室を営まれる H先生から、
3ヶ月前に雨漏りリフォームの依頼をいただいた時に、
屋根に上り真っ先に感じたのは、この2つの言葉でした。

内部天井の黒いカビシミの位置から想定した雨漏り箇所には、
過去に他の業者さんが施工したコーキングの後が何箇所も。
コーキングも新旧あり、数回手を入れたことが明白でした。
そして、そのコーキングも劣化して隙間だらけでした。




防水シートもぼこぼこで、機能を果たしていません。

内部天井もジプトーン(軽カル天井材)の色が違う数箇所あり、
お聞きすると2~3回こういった雨漏り工事をしていたそうです。






まさに、水の走りと追いかけっこの繰り返しの過去でした。
そして結局、何も解決されていなかったようです。


ここで藍建築工房による雨漏り工事・登場となります。



■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

本間香

本間香(ほんまかおり)

本間香プロのその他のコンテンツ

Share