まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ佐賀
古賀竜一

コンピューターサポートのプロ

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

コラム

日本は先進国の中で最もITが立ち遅れているかもしれない

ITで今起きている問題と課題

2016年1月8日 / 2018年8月18日更新


●最近、ITについて気になることが次々と公表されています。

●これはサポートの現場でも実際に経験することですが、最近パソコンが不得意な若年層が目立ってきていると言われています。これはスマホの普及によるところが大きいのですが、それによって気がかりなことが起きているというのです。

IE利用率が最も高いのは日本の他、数か国だけ

●先日、驚きのデータが公表されました。以下のリンク先は世界の各国で最も多く使われているブラウザ(インターネット閲覧用ソフト)が近年、どのように変化しているかというデータです。

世界で使われるメインブラウザがどのように変化してきたか

●2015年の世界のブラウザ最多利用ランキングでIE(Internet Explorer)が一番多く使われているのは、先進国の中で日本と韓国だけとなりました。その他ではグリーンランドとイランなど世界中を見渡しても数カ国程度しかありません。この驚愕の結果に正直驚かされると同時に、このままで大丈夫か?という不安を感じてしまいます。

●IEを使用することがなぜ問題なのか、以前のコラムでそのあたりを解説しています。

インターネットエクスプローラの問題について
http://mbp-fukuoka.com/pc-pro/column/5587/

先入観と固定観念はITの正しい理解への障壁となる
http://mbp-fukuoka.com/pc-pro/column/8090/

●今回のデータでわかることは日本はIT先進国ではなく、実はIT後進国だったということ。事実、若年層のPC保有率など他の面でも、とても先進国とはいえないデータが存在しています。

世界で最も「パソコンに遅れた先進国」である日本
http://matome.naver.jp/odai/2142508776609690701

●これから事業所はマイナンバーを管理しなければいけません。ITについてコストや人材不足を理由に対応の遅れをとることはやがて様々な形で自身に跳ね返ってきます。ただでさえ悪化している中小企業の景況感の中、リスクを抱え込むことはそのまま"損失"に直結します。IT管理に対する適切な対応がそのまま"信用度"として評価される時代です。このようなご時世に、「ちょっとやってしまいました、てへぺろ」・・では済まなくなってしまいます。

●日本は優れたIT国家? 一体誰がいつそんなことを言ったのか? まるで集団催眠にでもかかっているようです。最近の異常な日本礼賛には安心感よりも危機感しか感じられません。

九州インターワークス
「社内IT運用セミナー」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/learning.htm

この記事を書いたプロ

古賀竜一

古賀竜一(こがりゅういち)

古賀竜一プロのその他のコンテンツ

Share

古賀竜一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一

九州インターワークス

担当古賀竜一(こがりゅういち)

地図・アクセス

古賀竜一プロのその他のコンテンツ