まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ佐賀
古賀竜一

コンピューターサポートのプロ

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

コラム

覆水盆に返らず。情報漏えいの知られざる影響とは?

デジタルデータならではの性質が深く関係

●情報は水と同じで流れるものです。一旦外部に流れだしたりすれば、拡散されてどうすることもできなくなります。

●拡散されたデータがなぜどうすることもできなくなってしまうのかと言うと、デジタルデータならではの性質が深く関係します。

●デジタルデータは大容量の物を瞬間的に動かすことができてしまうと同時に、何回も際限なく同質での複製ができるという特徴があります。

●そのため音楽や映像関係では法的に厳しく制限を設けて保護されています。ですから今回の漏えい事件でも、容疑が不正競争防止法(会社の秘密を漏らしたということ)での立件になっていますが、では、ジャストシステムはどうなるのか?

一旦流出してしまうと「覆水盆に返らず」

●法的にはおそらく知らずに入手した事がはっきりすれば罪にならないということのようです。古物営業法の免許を持っているので知っていますが、人から物を買ったりもらったりした場合、盗品だと知らずに引き取った場合は罪に問われない事になっています。

●しかし、このことがデータ流出にとってはマイナスに作用してしまいます。ネット上に拡散してしまったりすると、知らずに入手する人が出て更にそこから拡散する。国内だけの問題ならば強権的にプロバイダにデータを破棄させることもできるかもしれませんが、インターネットは国境がありません。国外のサーバにアップしてしまうと簡単に削除はできません。更に全世界に拡散してしまうことで事実上消去は不可能になります。

●ですからジャストシステムが「消しました」ということが何の意味も持たなくなってしまうのです。

●このあたりは弁護士さんなどが詳しいと思いますのでMBP福岡佐賀の弁護士さんに解説をお願いしたいところですが・・・

●買う者がいるから売るのであって、そもそも売買にそぐわない内容の物を買っている事自体も倫理的な問題があるのに法的な問題はないということだけで済むものかどうか、企業イメージや倫理的にはどうなのかを考えると、大手を振って「悪くない」と言いきって良いものなのかどうか?ジャストシステムはIT企業でありながらそのような発言をすること自体どうなのでしょうか?

●データが一旦流出してしまうと「覆水盆に返らず」です。起こってからでは遅いですからコンピュータ端末の運用について「私は大丈夫」という言葉がいかに危険か認識をしておきましょう。

NetProve ネットプローブ「情報管理サービス」
株式会社九州インターワークス
http://www.kumin.ne.jp/kiw/security.html

この記事を書いたプロ

古賀竜一

古賀竜一(こがりゅういち)

古賀竜一プロのその他のコンテンツ

Share

古賀竜一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一

九州インターワークス

担当古賀竜一(こがりゅういち)

地図・アクセス

古賀竜一プロのその他のコンテンツ