まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
吉﨑恵忠

歯周病と虫歯から歯を守る歯磨き指導のプロ

吉﨑恵忠(よしざきやすただ)

よしざき歯科

お電話での
お問い合わせ
06-6360-4618

コラム

「前歯の裏 歯石」「歯は弱る」

2012年8月17日

前歯の裏の歯石はほとんどが下の前歯のことです。下の前歯の裏の歯ぐきとの境い目にたまります。当然のことですが、毎日の歯磨きで
きれいに磨けておれば歯石はたまりません。磨き残しのよごれが積み重なって、時間とともに石のように固くなったのを歯石と言います。
歯石は細菌の塊です。歯石があって得をすることは100%ありません。
歯石が原因の病気は歯槽膿漏です。よく耳にすると思いますが、本当にやっかいで怖い病気です。
歯石は歯と歯ぐきの境めにつきますので、歯ぐきに炎症をもたらします。歯自体にはこびりつくだけで悪さをしません。歯石が原因で
虫歯にはならないということです。ですから案外油断をしがちになります。落とし穴でしょうね。
歯ぐきが炎症を起こしますと、こんどはその下の骨を溶かします。それが一番怖いのです。歯を支えている骨が溶かされますと、当然
歯はグラつきそのうち抜けます。虫歯もなくきれいな歯でも容赦なく抜けます。本当に怖いですよ。
そういった意味で「歯は弱る」と表現するのかもしれません。

オマケ
歯石の付着するところは、歯の首あたりから根っこの方ですので、歯をカバーしてしみるのを防いでいるかのようにもみえます。ですから、
歯石を取ったときから歯がしみだすことがよくあります。突然歯が裸の状態(本来の姿)になるのですからしみるのは当然だと思います。
裸になった部分をこれからしっかりと磨くようにすれば、しみなくなりますので安心してください。

この記事を書いたプロ

吉﨑恵忠

吉﨑恵忠(よしざきやすただ)

吉﨑恵忠プロのその他のコンテンツ

Share

吉﨑恵忠プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6360-4618

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉﨑恵忠

よしざき歯科

担当吉﨑恵忠(よしざきやすただ)

地図・アクセス

吉﨑恵忠プロのその他のコンテンツ