まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
山本龍一

メンズファッションのプロ

山本龍一(やまもとりゅういち)

PARADISE MARKET

コラム

オーバー40tyが狙うべき春のおしゃれジャケットとは!

春のおしゃれはウェップジャケットでちょいミリスタイルを

3月に入ると気分は春!ですが、まだまだ肌寒い日が多い季節です。
とはいえ、装いは春モードにシフトしたいですよね!
この時期には軽く羽織れるジャケットがあれば便利です。
アウトドアテイストのシェルパーカーや、スポーティーなジャージ、
またはテーラージャケットでジャケパンスタイルにするのもいいですね。
今回取り上げる春アウターは“WEP(ウエップ)”と呼ばれるミリタリーテイストのブルゾンです。
MA-1の仲間と言えばイメージしやすいですね。

中綿のボリュームを抑えて春仕様にし、ワッペンや刺繍で遊び心を加えた物が人気となっています!
当時のものよりも着丈は長めになり、すっきりとしたシルエットにして着こなしやすくなったのもうれしい。
春らしくアクティブにオトコの着こなしが出来る事も魅力です。



AVIREX 春仕様ウェップジャケット

ミリタリージャケットには40代が好む“語れる”要素がある!

フライトジャケットには年代ごとにストーリーがあり、その仕様も改良が重ねられています。
進化して行くものもあれば、廃番となってしまうものもある。
使われれる素材やポケットやエポレットなどの付属、ワッペンなどには当時の環境や時代背景が大きく反映されているのです。
ちょっとした仕様の違いで呼び名が変わるのもこの世界ならでは。
「MA-1とは違うよ~、WEPやで~!」と語れるマニア感があるところに男は弱い!

春のフライトジャケットはこう着こなす

チノパンやカーゴパンツで合わせるのは王道ですが、いかにも感が強くなるので、
春らしいカラーパンツやジョガーパンツ、ライトインディゴカラーのジーンズもいいですね。
軽く袖まくりをするとより“ヌケ感”も出ますよ。
ジャケットの色選びですが、本来のオリーブグリーンもいいですが、ネイビーを選ぶとおしゃれモードへシフト出来ます。
この春はWEPでひねりのある“ちょいミリファッション”を楽しみましょう!

WEPジャケットとは

正式にはJACKET WINTER FLYING SUITSやG-8と呼ばれるミリタリージャケットです。
短い裾、ニット地の襟、大型のポケット、薄手のナイロン素材が特徴となっています。
海軍用ジャケットとして1950年代から1970年代に支給されていました。
G-1ジャケットが中間気候地帯で使用することが前提とされていたのに対し、J-WFSは冬用に位置付けされています。
重ね着をすることが前提で、WFSという厚手のフライトスーツと併用することによって寒冷地での任務にも対応ができました。
1970年代まで支給されましたが、ベトナム戦争以降は引火の危険がある事から新素材のCWU-45/Pに変更されていきます。
WEPの本来の意味は当時の海軍武器局を指すため、現在ではJ-WFSと呼ぶのがしっくりきますね。

“ トンガる大人”のメンズファッション提案ショップ


【センスのいいビッグサイズも取扱いがあります!2L~4L】

楽天市場店 PARADISE MARKET
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/p-mrt/

ヤフー店 PARADISE MARKET
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/p-mrt/

この記事を書いたプロ

山本龍一

山本龍一(やまもとりゅういち)

山本龍一プロのその他のコンテンツ

Share

山本龍一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6758-5115

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本龍一

PARADISE MARKET

担当山本龍一(やまもとりゅういち)

地図・アクセス

山本龍一のソーシャルメディア

youtube
youtube
2014-01-22
facebook
facebook

山本龍一プロのその他のコンテンツ