まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
山本薫

広い視野を持つ人事・労務のプロ

山本薫(やまもとかおる)

オリーブ社労士事務所

山本薫プロのご紹介

マクロな視点から経営・労務管理全般をサポート(2/3)

労務対策にはプロのサポートが役立ちます

広い視野から、時代のニーズに沿った実践的提案が可能

 ここ数年は労働関係の法改正が頻繁に行われ、経営者や人事担当者も対応に追われているのが現実です。「就業規則」や「人事・給与制度」なども見直していかなくてはなりません。「そこでプロとして役に立てるのが社会保険労務士です」と山本さんは強調します。
 セクハラやパワハラ、メンタル疾患といった問題にも十分な労務対策が必要であるとして注目を集めるようになっています。
 上司が「冗談のつもりだった」「励ましの言葉だった」と主張しても、従業員が「ハラスメント(嫌がらせ)を受けた」と感じれば、経営者はきっちりとした対応をしなくてはいけません。研修をするとか、セクハラ、パワハラの訴えにどのように対応するかを就業規則で定めておくなど問題が起きないように社内体制を整えておかなくてはなりません。
また、メンタルヘルス面で問題を抱える人が増えています。普段は明るく見えても、いざ出社となると体調が悪くなる 「新型うつ」のようなケースもあります。会社を守るためには、メンタルヘルスの予防体制を整えるとともに、メンタルな疾患にも対応できる就業規則に改めておかなくてはなりません。
 「就業規則の改定にあたって大切なことは、お客様の実態に即した内容・スタイルとすることです。実態を踏まえず紋切り型の就業規則を押し付けることは、いただけませんね」と話す山本さん。
 「会社全体、世の中の流れを見通した『マクロの視点』で企業経営を見ることが重要です」と訴えます。

山本薫プロのその他のコンテンツ

Share

山本薫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6210-5275

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本薫

オリーブ社労士事務所

担当山本薫(やまもとかおる)

地図・アクセス

山本薫プロのその他のコンテンツ