マイベストプロ大阪
  1. M&Aによる事業承継の売り手・買い手のメリット・デメリット
山形輝雄

経営力向上に役立つオーダーメイド計画でサポートする税理士

山形輝雄(やまがたてるお) / 税理士

山形税理士事務所&C

コラム

M&Aによる事業承継の売り手・買い手のメリット・デメリット

2020年1月10日

テーマ:事業承継の対策

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 事業承継問題

今回はM&Aによる事業承継で、売り手、買い手それぞれにどういったメリット、デメリットがあるのかについてご説明します。売り手にとっては、株式を売却することで現金が増えること、廃業をしないことで残された従業員の雇用が守られることなど、多くのメリットがあります。買い手にとってはどういったメリットがあるのでしょう。

売り手にとってのメリットとデメリット

大企業はもちろん、最近では中小企業でもM&Aによる事業承継が増えています。少子高齢化による後継者不足や市場の縮小など、親族や親族外への事業承継からM&Aへ移行する理由は一つではありません。

売り手側にとってM&Aのメリットは、その企業の規模や現状によって大きく変わってきます。

例えば、経営者の高齢化が進み、後継者がいないという状況であれば、M&Aを行うことで廃業のリスクを回避できることがもっとも大きなメリットとなります。またその際、経営者は株式を売却することで現金を受け取り、老後の安心を手に入れられることもメリットのひとつといえます。

ほかにも、事業を大きくしていくことを目的としたM&Aであれば、事業拡大を得意とする企業に売却することで、一から新たな事業を始めるよりも成功の確率が高くなるメリットがあります。

事業拡大で利益が増大すれば、売り手だけではなく、従業員にとっても昇給や以前よりも大きな仕事に関われるというメリットが生まれます。

またM&Aは相続対策としても大きなメリットがあります。事業承継で会社を保有したままでは相続税が発生し、先代の経営者がなくなった際に遺産分割でトラブルが起きる可能性があります。そのため早い段階で会社を第三者に譲渡してしまえば、相続対策としても効果を発揮します。

これに対し、M&Aを行うことでのデメリットは、売り手側との企業文化が合わず、残された従業員が思うように力を発揮できなくなる場合があることです。
従業員の雇用安定を一つの目的としてM&Aを行ったにもかかわらず、企業風土や文化が合わず、多くの退職者を出してしまう可能性があることは、デメリットといえるでしょう。

M&A

買い手にとってのメリットとデメリット

続いて買い手にとってのメリットとデメリットをご紹介します。

買い手にとってM&Aを行う最も大きなメリットは、売却される会社の売上・利益を自社にそのまま計上できるため、短期的に売上・利益を伸ばすことができることです。

また新規事業への参入を目的として買収した場合、売却される会社のブランドをそのまま使えますので、一からブランドを育てていくための手間やコストを削減できることもM&Aのメリットといえるでしょう。

そして、買い手側にとって、M&Aをすることによる大きなデメリットは、売却に多額の資金が必要となることです。株式譲渡によるM&Aは、基本的に売り手の株式を現金で購入することによって成立します。そのため十分な資金がなければ、そもそもM&Aを行うことができません。

またそれだけの資金を使って買収したにもかかわらず、期待していたシナジー効果が得られない可能性があることもデメリットといえるでしょう。

M&Aによる事業承継は、多くの場合、事業拡大や新規事業への参入などを一から行う際の手間やコストを削減することが目的です。

しかしいざ、買収してみたところ、期待していたほどの事業拡大や新規参入が進まなかったとなれば、買収に多額のコストをかけただけになります。

また買収する際にはわからなかった債務や債券、いわゆる簿外債務が発覚する可能性があることも、買い手側のデメリットの一つです。

基本的に買収を行ったということは、売上・利益だけではなく、債務や債券も引き継ぐということです。買収する時点で分かっているものであれば問題ありませんが、買収後に簿外債務ということで発覚したとなれば、買い手として大きな損失を生むことになります。

ほかに、企業風土や文化の統合に手間とコストがかかる場合があることも、デメリットといえます。自分たちだけで一から始める手間やコストを抑えるためのM&Aですが、互いの企業風土や文化の統合が上手くいかず、事業を思うように進められなければ、自分たちで一から始めるのと変わらなくなってしまいます。

これでは買収に資金を費やしただけで、何のメリットもなくなってしまいます。

できる限りデメリットをなくし、M&Aによる事業承継を成功させ

ここまでM&Aによる売り手、買い手双方のメリットとデメリットについて見てきました。

M&Aが上手くいけば、売り手、買い手双方に大きなメリットが生み出されます。その反面、M&Aが失敗に終われば、双方に大きなダメージを残すことになってしまいます。このデメリットを避けるために必要なことは、M&Aを行う前にしっかりとデューデリジェンスを行うことです。

このデューデリジェンスとは、M&Aを行う際に、買収する会社の資産価値を適正に評価する手続きのことですが、これを疎かにすることが、買収後の簿外債務の発覚や企業風土、文化の違いを生み出すことにもつながります。

さまざまな面から分析することで、買収前にしっかりとリスクを洗い出すことが、M&Aを成功に導き、双方にとってメリットをもたらすことになるのです。

── 山形税理士事務所&C  ──────────────────
 山形輝雄/ TERUO YAMAGATA
 〒543-0056 大阪市天王寺区堀越町9-8 協進ビル202号室
 TEL: 06-6770-5901
 URL: https://www.yamagata-tax.com/
────────────────────────────────

この記事を書いたプロ

山形輝雄

経営力向上に役立つオーダーメイド計画でサポートする税理士

山形輝雄(山形税理士事務所&C)

Share

関連するコラム

山形輝雄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6770-5901

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山形輝雄

山形税理士事務所&C

担当山形輝雄(やまがたてるお)

地図・アクセス

山形輝雄プロのコンテンツ