まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
谷川亜希子

ワードローブのお悩みを解決するプロ

谷川亜希子(たにがわあきこ)

Muse Style

コラム

見やすく取り出しやすいクローゼットにする

ワードローブ

2018年4月10日

ワードローブオーガナイザーの 谷川亜希子です。

ご自宅のクローゼットは、どんな感じの仕様になってますか?




理想といえば・・・
      「見やすく  取り出しやすい」

そして、 戻しやすい  ですね。

選びやすいと、コーデも作りやすくなります。
「わー、好きだなー!」 ってクローゼットを開けるのが楽しくなるんですよね。


何回も開けたくなるクローゼットにするには?


まずは、
 ①ハンガーを同じものにする
   これだけで、見た目が変わります。
   視覚からの影響が大きい私(利き脳右左タイプ)は、これかなり重要(笑)。
   散らかっていると、テンション下がります。

   使っているのが、 MAWAハンガー 。



  ずれないので重宝してます。ちなみに、似た感じのものは100円ショップでも
   あります。

 ②色別・アイテム別など、使いやすい方法にする
 自分が毎日使う上で、どういう並び方がいいかを決めると見やすくなります。

  同じハンガーで色別はこんな感じ↓




  ③かける派・たたみ派
   かける方がいいか一枚ずつたたむ方がいいか。
   毎日のこと、どちらが合っているかチェックです。
   こちらの利き脳タイプは、ライフオーガナイズで詳しく学べます。


まずは、こちらから始めてみると、違ってきますよ~。


~こちらもご参考に♪

「自分に合うのは、かける派 or たたみ派? 」
   http://mbp-osaka.com/wardrobe/column/29176/
「右左タイプはお気に入りで揃えたい!」
   http://mbp-osaka.com/wardrobe/column/29784/

この記事を書いたプロ

谷川亜希子

谷川亜希子(たにがわあきこ)

谷川亜希子プロのその他のコンテンツ

Share

谷川亜希子プロのその他のコンテンツ