まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
坪田眞幸

人に優しい住宅を設計するプロ

坪田眞幸(つぼたまさゆき)

坪田眞幸建築研究所

お電話での
お問い合わせ
06-6578-2251

坪田眞幸プロのご紹介

世代を超えて住まわれ続ける家を目指して(1/3)

坪田 眞幸(つぼた・まさゆき)さん

自然素材を生かした、人に優しい家づくり

 室内に光と風を呼び込む軒のある屋根、居間には吹き抜け、床は無垢(むく)材のフローリング……。坪田眞幸さんが手がける住宅には、自然を生かし、住む人に優しい空間を作りたいという思いがこもっています。
 日本の気候風土に合うように設計を考えると、おのずと「和」のテイストに行き着くといいます。
 「軒は高温多湿な日本の家屋で大切な役割を果たしています。夏は日差しを遮り、日陰ができるので涼しい風を家の中に入れます。逆に冬は太陽の位置が低くなりますから、室内に日光が入って暖まるのです」
 伝統的な日本建築には、風土に合わせた機械に頼らない先人の知恵に学ぶところが多くあります。
 注文設計で木造住宅を建てるとなると予算が心配という人も多いでしょう。そんな時、坪田さんは、ナラやオークなど、広葉樹の床材ではなく、価格の手頃な松や杉などの針葉樹の床材も候補に勧めます。
 「床暖房には適さず、節が多くて人によって好みがあるのですが、広葉樹と比べて軟らかい床は膝に負担がかからず、お年寄りにも優しい家になります。節や木目も、それが風合いとして楽しめれば、納得の建材となります」
 間取りでもコストは下げられます。最近は、若い夫婦でも一戸建てを求める人が多くなっているといい、坪田さんは「できるだけご依頼主の希望に沿えるよう、とことん相談に乗ります」と相談を待っています。

坪田眞幸プロのその他のコンテンツ

Share

坪田眞幸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6578-2251

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坪田眞幸

坪田眞幸建築研究所

担当坪田眞幸(つぼたまさゆき)

地図・アクセス

坪田眞幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

坪田眞幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

坪田眞幸プロのその他のコンテンツ